鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

秋を感じる

どうも、アカオビハナダイです。

ここ最近、鹿児島は秋晴れの良い天気が続いています。台風20号は明日関東地方に接近しそうですが、鹿児島地方には全く影響はなさそう。

…と思っていたのですが、所用で大隅半島の太平洋側(先日イプシロンが打ちあがった肝付町)に赴いたところ、良い天気で風もほとんど吹いていないというのに、巨大なうねりが止め処なく押し寄せ、海は大時化の状態でした。

とある小さな漁港ではうねりが堆く築かれた大きな防波堤を次々と越波し、大量の海水が港の奥まで流れ込んできて、その大迫力に肝を冷やしてしまいました。台風は遥か東の彼方にあるというのに…。台風の猛威を改めて実感…。

明日太平洋側の海近くに出かける方々はくれぐれもご注意くださいませ。

さて、今日からは最近佐多で撮りためたネタをご紹介したいと思います。まず今回、最初にご紹介するのはニシキフウライウオ。

水深20m弱の枯死しかかったムチカラマツに、ニシキフウライウオが一匹寄り添っているのを発見。お腹(育児嚢)を良く見るとどうやら抱卵中の模様。

ニシキフウライウオはこれまで坊津や桜島など、県内各地で何度か見かけていますが、いずれもその場にずっと定着するのではなく短い期間だけフラッと出現してはまたフラッと姿を消してしまいます。

私自身の過去の鹿児島本土での確認記録では、だいたい秋に出現することが多いです。だから個人的にはニシキフウライウオは秋を感じさせる魚だったりします。

ただ、全国各地での観察記録をネットで見ると、特に秋に限って出現するということはないようで、春先などでも確認されている様子。

たまたま私がニシキフウライウオを秋によく見かけるということでしょうか。そんなニシキフウライウオをボーッと眺めながら、いよいよ海の中にも秋が到来してきたのかなあと感じた次第でした。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

お腹の中には卵が!!綺麗なソフトコーラルに寄り添って欲しいのですが…。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaobihanadai.dtiblog.com/tb.php/442-f46c1151

 | HOME | 

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約