鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

奄美へ!!

どうも、アカオビハナダイです。

このせっかくの3連休に台風16号が襲来し、予定が大幅に狂った方も多かったのではないでしょうか。

私も昨日はなんとか錦江湾でダイビングができたのですが、今日は久々に海無しの休日。レンタルショップで借りたDVDを見ながら家でまったり過ごす休日は、非常に新鮮なものでした。

さて、今回からは毎年夏の恒例となっている奄美ツアーのお話しをしたいと思います。

例年可能な限り7月に伺っていて、今年も当初は7月末に計画していたのですが、仕事や台風等の影響で泣く泣く延期に延期を重ね、ようやく行けたのは8月31日のこと。

お世話になったのはもちろん奄美のスーパーハゼガイドa-kさん!!と、こんな紹介の仕方をしておりますが、ハゼ以外でも魚類全般や甲殻類にも詳しいスーパーガイドさんであります。

今回、a-kさんには「繁殖行動(特に卵守りシーン)」をリクエスト。そして様々な卵守りのシーンを観察させていただきました。a-kさん、ありがとうございました!!

で、まず今回トップバッターでご紹介するのはイロワケガラスハゼ。枝サンゴ(ユビエダハマサンゴ?)の一部が白くなっており、そこを産卵床にして卵を守っていました。

ていうか、オスがサンゴの一部分を殺して白化させ、そこを産卵床として利用しているのかな??

この産卵床の表面に透明な卵が産み付けられているのが見えます。観察中に一度メスが来て産卵行動も見れたのですが、その時の画像は(私が動き回ったせいで)濁りが酷すぎてボツ・・・。orz

それでも一心不乱に卵を守り、次の世代へ命をつないでいこうとするオスの姿はやはり何か神聖というか特別なオーラを身にまとっていて、なんだか心にジーンときた次第でした。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

顔の下に卵があるのが見えます。一心不乱に卵の世話をするオス。

コメント

お!いよいよ奄美編スタートですね!♪

個人的に大好きな「ハゼの繁殖ネタ」ではありますが,ハゼも卵も小さく,撮り辛いものが多いので「ゲストさんに紹介すべきかどうか」悩むこともあるんですが, リクエストしていただいたおかげで気兼ねなくご紹介させていただきました。ありがとうございました。

卵を守るイロワケガラスハゼの♂,興奮色の青い発色をきれいに撮られてますね〜。

次回からのアップも楽しみです!よろしくお願いします!

>a-kさん

相変わらずのスーパーガイド、ありがとうございました。
こないだの画像を改めてチェックしているのですが、a-kさんのガイドに見合うような画像はなかなか・・・。
またそのうちリベンジさせていただきます!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaobihanadai.dtiblog.com/tb.php/382-ffc2351d

 | HOME | 

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約