鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

なんでやねん・・・。orz

どうも、アカオビハナダイです。

先週木曜、屋久島でいつもお世話になっているガイドのしげるさんから「コブシメの産卵が始まりました。激しいですよ!!」との情報が!!

コブシメの産卵自体は昨年4月にも観察していたのですが、その時はピークを過ぎてかなり落ち着いた(ちょっと寂しい)雰囲気となっていました。

そのため、次のシーズンはピークの時期に見たいと前々からしげるさんにリクエストしていたところ、早速しげるさんから連絡が!!

そんなわけでいても立ってもいられずに、愛機のD90にタムロンの10-17mmズームフィッシュアイを装着して今年初の屋久島でのダイビングに挑みました。

そして土曜、宮之浦港でしげるさんと合流して話を聞くと、前日もとにかくコブシメたちの産卵とオス同士のケンカとかが凄かったとのこと。まぢですか〜!!

天気こそはあいにくの雨交じりのくもり空でちょっとどんよりしていたものの、海況は比較的穏やかな状況。そして期待に胸を高鳴らせていざエントリー!!

そしてコブシメの産卵場となっているウスサザナミサンゴ群落の前に陣取り、コブシメたちの産卵ショーの観察開始。

がしかし、サンゴの上に出現したのはペア1組のみ。しかも産卵する気配も無くただただサンゴの上をフラフラ漂っているのみ…。

他に時々オスが数尾近づいてくるも、なんだかケンカをする気も無くすぐにその場を立ち去ってしまう始末…。なんでやねん…。orz

結局ダイビング2本(計2時間以上)サンゴの前でじっと待ち構えていたけれど、その間ずっとペアのコブシメがフラフラとサンゴの上を漂っているばかり…。産卵自体もまともに観察できずじまい…。

ちなみに今回の2枚目の写真はメスが卵を産もうと踏ん張っている状況だそうで、このシーンは何度か見かけたのでメス自体は卵を産みたがっていたみたいだけどなかなか産卵にいたらなかった模様…。

そして今日はコブシメ産卵の撮影を諦めて、レンズも105mmマクロにして別ポイントで潜りました。まあ、あの状況じゃ今日も厳しいだろうなと思いつつ…。

しかしつい先ほど、しげるさんと仲の良い他店のガイドいたるくんのブログを見ると、なんと今日はコブシメたちが産卵とケンカを繰り広げていたとのこと!!

なんでやねんなんでやねんなんでやねん…。orz orz orz

いったいなんで自分が行ったときだけやってくれなかったのさ…。なんか自分の運の悪さ(日頃の行いの悪さ??)に超ブルー…。

いやしかし、まだ産卵シーズンは始まったばかり!!これから機会を見てまた屋久島に行ってリベンジしてやるぞ〜!!

産卵するでもなくただサンゴの上を漂っていたペア。この姿はメスが卵を産もうと踏ん張ってるシーンだとか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaobihanadai.dtiblog.com/tb.php/243-3902b8e9

あらら。。。今日は不調みたい。

昨日の激しい大産卵がウソのように今日のウスサザナミサンゴ群体は静まり返っていた。 透明度が落ち、水中も暗かったためか、余計に寂しく感じた。 サンゴから離れたところで複数匹のコブシメは見られたが、サンゴの上に来たのは基本的に雌雄の1ペアのみ。...

 | HOME | 

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約