鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

そして彼等は去ってしまいました・・・。

どうも、アカオビハナダイです。

最近鹿児島県内では立て続けのクジラ座礁や鳥インフルエンザ、新燃岳の爆発と、立て続けに全国ニュースクラスの出来事が発生しています。

鳥インフルエンザでは、知人の県職員も殺処分の対応に借り出されたようで、真夜中から早朝まで処分作業に追われていたそうです。ご苦労様でした。畜産王国の鹿児島県下での鳥インフルエンザの発生、一刻も早く収まって欲しいものです。

ちなみに話は変わりますが、昨日・一昨日は隣の屋久島でお仕事でした。昨日は雨の中車で移動していたら、何だか雨に細かい灰のような微粒子が混じってフロントガラスに降り注ぎました。

同乗していた上司と「まさか新燃岳の火山灰じゃないですよね。」「いや、あんな北からこんなとこまで降り注ぐなんてありえないでしょ。」などと話をしていたのですが、種子島に戻ってくると種子島でも同様に微粒子が降り注ぎ、職場の同僚達が「新燃岳の火山灰に違いない。」と話していたとの事。

日本一活発な活動を続ける桜島の灰でさえ種子島・屋久島に到達することがないのに、もし今回の微粒子が桜島より北部に位置する新燃岳の火山灰だとしたら、今回の新燃岳の爆発は桜島の比ではないとてつもなく大規模なものなんだなあと感じた次第でした。

新燃岳の爆発は霧島の観光にも影響を及ぼしているようで、より早い活動の沈静化を願うばかりです。

さて、気をとりなおして本日のお話。1月最後の週末に突入した今日、ようやく地元種子島にて潜り初めを行いました。連日の寒波のせいで例年よりかなり水温も低いようでとにかく寒い!!

エントリーすると、まずはずっと気になってきたダルマハゼ(?)のチェック!!ダルマハゼ(?)とはもちろん昨年9月より観察し続けてきて今年最初の記事でも紹介した子達のこと。

早速住処のショウガサンゴを覗いてみると、どこにも姿がない!!周囲のショウガサンゴを探索しても見つからない!!

どうやら彼等はこの低水温を乗り切れなかった模様です。結局、成魚までの成長段階を観察することはかないませんでした…。 orz

その代わりと言ってはなんですが、今日も種子島で撮影したチョウチョウウオ類をご紹介したいと思います。

今日ご紹介するのは「the チョウチョウウオ」というか、「ただのチョウチョウウオ」。種子島・屋久島でもウジャウジャ見かけますが、鹿児島本土でも沢山見かけました。まさにチョウチョウウオ類No.1普通種!!

本来であればチョウチョウウオ特集で真っ先にご紹介すべき子でしたが、あまりに沢山いると逆に存在感が無くなってしまい、年末にチョウチョウウオ類を撮影しまくったときにうっかり撮影し忘れてしまいました。

というわけで今日は「ただの」チョウチョウウオを撮影しまくり。本日撮りたてホヤホヤの写真です。まあ、地味な子といいますが、特に言うことなし…。

とりあえず明日も潜る予定です。明日もネタ写真を撮影できますように…。

「ただの」チョウチョウウオ。まあ、地味ですな・・・。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaobihanadai.dtiblog.com/tb.php/234-166c8879

 | HOME | 

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約