鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

遠い屋久島・・・

どうも、アカオビハナダイです。

1月も終盤戦と言うのにいまだ潜り初めができず悶々とヒビを過ごしている今日この頃…。波情報をチェックしていると、どうやら週末は凪ぎる模様。

せっかくだからここはいっちょ屋久島でガツンと潜ってやろうと思、いつもお世話になっているガイドのしげるさんのHPを覗いたら、しげるさんはちょうど屋久島を離れている模様。あう…。orz

極力毎月屋久島で潜ろうと決めていたのですが、今年は初っ端からその野望はコケてしまいました。遠いぜ、屋久島…。

さて、今日も年末に地元種子島で撮影したチョウチョウウオ類をご紹介したいと思います。

今日ご紹介するのはヤリカタギの幼魚と若魚。チョウチョウウオガイドブックを見てみると、背鰭のトゲが伸びて槍を担いだように見えるから「槍気質」なんだとか。なんかそのまんまってカンジ。

ちなみに幼魚は体の後部が黒く尾鰭は黄色と白色をしているものの、成長と共に後部の黒色は尾鰭にシフトしていき、成魚では黒色部は完全に尾鰭に移動してしまうとのこと。

確かに今回の1枚目の幼魚は体の後部は黒いものの、尾鰭は黄色とほんのり白っぽい透明色をしています。

さらに2枚目の若魚の写真をチェックしてみると、まさに黒色部が尾鰭に侵入しつつあるといった状態です。なるほどねえ。

こうやって成長段階を観察するのもなかなか楽しいものですな。

これまでご紹介してきたチョウチョウウオ類も、機会があれば再度観察しなおして成長段階ごとの状態をチェックしてみたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

エダサンゴの中で優雅に佇む幼魚。黒色部が尾鰭に侵入しつつある若魚。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akaobihanadai.dtiblog.com/tb.php/233-de3079b5

 | HOME | 

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約