鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

最初に集まってきたのは

どうも、アカオビハナダイです。
今回も引き続き錦江湾のアマモ場でのネタをご紹介していきたいと思います。

前回の記事にも書いたのですが、私が観察していた泥場にアマモが生育してきたのは昨年10月末のことでした。今回の話は少々古いですが、アマモが生え始めた時のネタをご紹介。

ここのポイントは深場こそ面白い被写体が生息しているのですが、浅場は普段ポツリポツリとカスリハゼやダテハゼが観察できるぐらいの生物が少ない荒涼とした泥場が広がっているだけ。

ところがその浅場にアマモが芽吹きはじめると、不思議なことに多くの生物達がどこからともなく集まってきました。

まず最初に集結してきたのは今回ご紹介するクロサギ達。もちろん鳥ではなく魚のほう。鹿児島ではアメとかアメンヨなどと呼ばれています。

まだ生えて間もない貧弱でとうてい身を隠せそうもないアマモ場に、なぜだかワラワラと集まってきて群れを形成していました。

この子達はかなり臆病なのか、近づくとものすごいスピードで右往左往に泳ぎ回ります。そしてまるでテンスのように泥の中へと突っ込んで隠れてしまいます。

その泥に突っ込んで隠れた場所をそっと手のひらで扇いてみると、まるで死んだ振りをしているかのようにじっと横たわって固まったクロサギの姿が現れました。そのときの画像が今回の3枚目。

クロサギってこうやって身を隠すんですね〜。

アマモが立派に成育した現在もクロサギたちはアマモ場で群れを形成していますが、現在は泥の中に身を隠す必要も無いのか草むらの中へとスッと隠れてしまいます。今となってはまともに写真も撮らせてくれません…。

こうやって観察してみると、立派に成育したアマモ群落は小魚たちにとっては格好の隠れ家なんだなあとつくづく感じた次第でした。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

海の草原にて

どうも、アカオビハナダイです。

ここ最近昼間は汗ばむような陽気が続いていましたが、今日は天気がぐずつき肌寒い一日となりました。なんだか日々の寒暖の差が激しく、油断すると体調を崩しそうです。体調管理には気をつけないとですね。

さて、前回までは佐多の海藻の森でのネタをご紹介してきましたが、今回からは錦江湾のアマモ場でのネタをご紹介したいと思います。

桜島のポイントにて、アマモが芽吹きだしたのに気が付いたのは昨年10月末のこと。それまでただの泥場だった場所に、辺り一面に10cm程度のアマモが生えてきました。そのときの画像が今回の1枚目。

それからアマモ場の追跡調査をしようと考えていたのですが、私のプライベートな事情でしばらく潜れない日々が続きました。

そして再び潜るようになった3月末にアマモ場を確認してみると、そこには1m以上に伸長した立派なアマモ群落が形成されていました!!

これはワイドで撮影せねばと今月初めにカメラをワイド仕様にして潜ったところ、水中は鼻水のような浮遊物が容赦なく漂う強烈な春濁りの状態へと激変…。

つい一週間前まではクリアな冬の海だったのに…。

しかしせっかくだからと澱んだ海中で撮影したのが今回の2枚目と3枚目の画像。お世辞にもキレイな画像とは言えませんが、立派なアマモ群落が形成されているのが分かります。まあ、記録画像ということで…。

しかしたった一週間でここまで濁りがキツくなるなんて…。これから濁りはひどくなる一方だろうし、ワイド撮影のタイミングを逃しちゃったかな…。

まあ、これにめげずにまた来年アマモ群落のワイド撮影にチャレンジしたいと思います。来年もまたここに立派なアマモ群落が形成されますように…。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

ハンターのハンター

どうも、アカオビハナダイです。

今日、魚類の分類学分野ではトップランナーの一人である鹿児島大学総合研究博物館の本村先生が、屋久島の魚類相に引き続き硫黄島・竹島の魚類相を調査した文献が出たという情報をfacebookで発見しました。

本村先生は出された文献をHPからPDFにて無料ダウンロードできるようにされており、鹿児島のフィッシュウォッチャーとして本当に有難く思っているところ。今回の文献もダウンロードできるということで早速拝見させてもらいました。

今回の文献は2010年から2011年の7回の調査を元に、72科195属414種が記録されたとのこと。文献には共著者で名前を連ねている我が師のD氏をはじめ知り合いのダイバーの方々の写真が多数掲載され、見ているだけで楽しくなりました!!

この文献の中でも特に圧巻なのがフサカサゴ科。文献を拝見させてもらいながら「フサカサゴ科ってこんなにいるのね〜!!」と驚いた次第でした。

ただ、個人的にちょっとさみしく感じたのはハゼ科で、特にダテハゼ属とヤツシハゼ属。ダテハゼ属だけでも少なくともクビアカさんとかダンダラさん、ヤマブキさんやヤノさんとか、もうちょっと色々見られるはずなんだけどとも思ったり…。

って、エラそうな事を言って申し訳アリマセン!! m(_ _)m ともかく、今後も本村先生の精力的なご活躍から目が離せないといったところでしょうか。

さて、本題ですが、今回も先日佐多のアマモ分布域最南限のポイントを楽しんだときのネタをご紹介したいと思います。

アマモが生えている場所のすぐ近くを泳いでいると、一匹のモジャモジャなカエルアンコウに遭遇。あれ??このモジャモジャってもしやインドネシアのレンベとかで見られるヘアリーフロッグフィッシュ??

興奮しながら数枚激写!!そのときの画像が今回の3枚。

しかし冷静に考えてヘアリーフロッグフィッシュがこんな場所に出現するものなのかと訝しく思い、帰ってからネットで調べてみると…、どうやら別種のボンボリカエルアンコウみたい…。ですよね〜…。

しかし体表を覆う毛のようなものがヘアリーフロッグフィッシュに似ていて、他のサイトでもヘアリーフロッグフィッシュと間違えたと書かれていたり。

ちなみにこの体表の毛みたいなもの、てっきり皮弁だと思っていたらヒドラ類が寄生しているんだとか!!マジっすか!!もうちょっとじっくり観察すればよかった…。

ちなみにボンボリカエルアンコウのエスカは、その和名の由来どおりボンボリみたいな形状だとか。ボンボリを振り回して餌生物をおびき寄せるんでしょうね。

前回の記事でご紹介したヒメイカも、ヨコエビの前ではハンターであっても、カエルアンコウ君の前では餌になってしまうんでしょうね…。とすれば、このボンボリカエルアンコウ君はハンターのハンターといったところでしょうか。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

ちっちゃいハンター

どうも、アカオビハナダイです。

最近昼間はかなり暖かいのですが、朝夕はまだまだ冷え込んで日中の気温差がかなり大きく、どうも体調を崩しやすい時期となっています。私も油断するとすぐにお腹が冷えておなかの調子が悪い今日この頃…。

さて、今回も佐多での海藻の森散策のお話をひとつ。

この時のダイビングでは、ひとつの目的がありました。それは日本最南限のアマモ群落のリサーチ。アマモは正確には海藻ではなく海草なので、今回は「海草の草原」探しといったところ。

アマモという呼び名は一般的な俗称であり、正式な標準和名は「リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ」という植物で最も長い名前が付けられています。

なお、注釈ですが、アマモ類にはコアマモ、ウミヒルモ、スガモ、ウミショウブ等様々な種類が亜寒帯から熱帯まで分布していますが、私がここで「アマモ」と呼ぶのは、いわゆる「リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ」のこと。

このアマモ、分布域は北海道から九州までとなっています。私が以前住んでいた種子島では、知り合いの漁師さんが「アマモみたいなものが生えているのを見たことがある」ということを話していましたが、現時点では確認されていませんし、生えていたとしても別種の可能性が高いという話を聞きました。

隣の屋久島でもアマモを確認したことはありませんし、それ以南の南西諸島でも生息情報は全くありません。

そんな中、知人より佐多にアマモ群落があるという話を聞き、そこを潜ってみることに。佐多は九州最南端であり、群落があればそれは日本最南限のアマモ群落ということになります。

で、潜った結果ですが、水深2m付近の狭いスペースにまばらに生えているのを確認。群落とは言えないかな…。ちなみに近くにいた漁師さんに話を聞いたところ、年によって沢山生えたり生えなかったりするとのこと。今シーズンはハズレ年だったみたい…。

まあ、群落は無くてもアマモ分布域の最南限ではあるのかな。

そんなアマモにかわいいヒメイカがくっついていました。周囲を散策すると、砂地や岩場の様々な海藻の周辺にもたくさんヒメイカが!!

そんなわけで様々な海藻にくっつくヒメイカを撮影。できればアマモにくっついたヒメイカをかっこよく撮影したかったのですが、撮影後に見比べてみると、ミルにくっついた画像が一番雰囲気のある写真になりました。

ミルは背景としてとても絵になる海藻で、前回のヨコエビもミルに付いた子達でした。ちなみに今回の1枚目がアマモにくっついた画像で、2枚目と3枚目がミルにくっついた画像。

とても可愛らしい画像ですが、わずが2〜3cm程度の可愛らしいヒメイカも、ヨコエビ達にとっては恐ろしいハンターなんでしょうね…。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。



続きを読む »

久々にブログ再開〜!!

どうも、アカオビハナダイです。

昨年末から所用で慌しくなり、しばらくダイビングから遠ざかっていました。ブログ更新も3ヶ月ほど滞ってしまい、気づけばもう新年度突入…。

まだまだしばらくは落ち着かない日が続きますが、ここ最近はぼちぼちダイビングも再開するようになってきました。そんなわけで、以前のようには更新できないでしょうが、マイペースにブログも再開していきたいと思います。

さて、この時期は浅場に海藻が生い茂る季節です。そんな海藻の森は素敵な生き物たちが沢山観察できる場所でして、最近は海藻の森に心も体もがんじがらめに捕らえられています。

これからしばらくは、そんな海藻の森で出会った素敵な生き物たちをご紹介していきます。まずは今日、トップバッターでご紹介するのは佐多の海で撮影したヨコエビの仲間。

このヨコエビの仲間たちは体長がわずか数mm程度。何気に泳いでいると見逃してしまうサイズですが、色々な海藻をじっくり目を凝らして覗き込んでみると以外に沢山見つけることができます。

とっても小さいですが、甲殻類だけあってメカニカルなボディでカッコ良くなおかつ丸っこいキュートなフォルムをしています。

しかも沢山の種類があるようで、様々な形状をした子たちを見つけることができます。しかしながら名前がさっぱり分かりません…。この手のミクロな子達ってきちんと分類されていて学名が付いていても、標準和名が付いているかどうかも怪しいところ…。まあ、とりあえず「ヨコエビの仲間」ということで…。

ブログ再開の初っ端からマニアックなネタとなってしまいましたが、こんな感じで今後もマイペースにブログを書いていきたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

 | HOME | 

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約