鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

毎年恒例となってきました。

どうも、アカオビハナダイです。

珍しく早朝からブログを書いております。今回が今年最後の更新となるので、今回は毎年恒例となりつつありますが今年を振り返ってみたいと思います。

今年は仕事の都合で種子島から鹿児島本土へ異動となり、生活が大きく激変した年でした。

過去3年間はホームグランドの海を種子島と屋久島に定めて潜っていましたが、今年はもともと私がホームグランドとしていた錦江湾と、これまで潜ったことのなかった佐多の海を潜るように。

そんなわけで、まず1枚目は今年錦江湾を潜ってもっとも心に残った1枚をご紹介。これは7月31日の記事でご紹介した火山灰が降り積もって白化したサンゴとキンホシイソハゼ。

鹿児島の荒ぶる御神体「桜島」が大規模な噴火で大量の火山灰を降り積もらせた数日後に桜島の袂を潜ってみると、火山灰は海の中にまで積もっており、多くのサンゴが白化して死滅していました。

ここはまさに火山の海なんだと実感し、衝撃を受けた光景でした。

そして2枚目は今年から潜り始めた佐多の海。ここは錦江湾の湾口部にあたり、屋久島の北部から大隅海峡を流れる黒潮の分枝流の影響を強く受ける場所で、私は鹿児島本土で初めて見る子達とたくさん出会うことができました。

そんな中で出会えて最もうれしかったのは、10月30日にご紹介したアヤトリカクレエビ。

錦江湾にはアヤトリカクレエビの宿主となるナシジイソギンチャクは沢山生息しており、これまでこのアヤトリカクレエビを何年間も探してきましたが、すっと出会えずじまい。

ところが特になのも期待せずに佐多の海を潜っていたら、とうとうこの子を発見!!水中で思わずガッツポーズをした次第でした。

そして3枚目は毎年恒例となっている夏の奄美合宿での画像から、卵保護中のイロワケガラスハゼ。これは9月17日にご紹介したもの。

今年は色々な魚の卵保護や産卵行動に興味を持って撮影しましたが、やはり繁殖行動に勤しむ(特に卵保護中の)親魚の姿はなんだか神聖な雰囲気が漂っていました。

ただ、今回の奄美合宿はレンズの選択を間違えたかなとちょっと反省…。また次回、レンズを換えて望みたいなと考えているところです。

こうやって1年を振り返ると、今年も色々と感動をもらったなと鹿児島の海に感謝感謝。来年もまた、多くの感動をもらえますように…。

それでは皆様、良いお年を!!

続きを読む »

地味なんだか可愛いんだか…。

どうも、アカオビハナダイです。

今日は仕事納めでした。ついこの間正月だったような気がするのですが…。まさに光陰矢の如しというカンジ。

この一年間を振り返ってみると、種子島から鹿児島本土へ異動となり大きな変化はあったものの、なんとか無事に過ごせた一年だったかと思います。

願わくば、来年以降も平穏無事な日々を過ごしていきたいものです。

さて、今日も佐多で撮った画像をご紹介。今回ご紹介するのはウミシダウバウオの若魚。このウミシダウバウオ、どうやら私は今回初めて見たみたい。

ウミシダウバウオって比較的良くネットで見かけるものだから、初めて見たという気が全く無いのですが、これまでを思い返してみると直接確認したことが無いような気が…。

過去に撮影した画像を見てみても、ウミシダウバウオの画像は1枚も無し。

ネタとしてはそんなに目立つものでもなく、結構地味な部類に入るから、もしかすると見かけても撮影しなかったのかも知れません。

そもそもレア物なのかな?普通種なのかな?

なんだか見かけてもありがたみをあんまり感じないけれど、とりあえずウミシダをバックに比較的カワイイ感じで撮影できたので、ご紹介しておきたいと思います。

絞りを開放気味にバックのウミシダをもっとボケさせたほうがもっと可愛く撮れたのかなとも思ったり…。

またそのうち見かけることがあれば、もっと絞りを開放して撮影してみたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

続きを読む »

慌しい年末となってきました。

どうも、アカオビハナダイです。

寒い日が続きますね〜。クリスマスも過ぎると、一気に年の瀬という雰囲気が漂ってきました。なんだか年末に向けて色々と慌しくなってきました。

仕事もパタパタと忙しいですが、プライベートもなんだか落ち着きません…。年賀状もまだ準備できていないし、どうしよう…。

さて、そんな現実から逃れるべく、今回もマイペースにブログを更新したいと思います。今回も佐多で撮影したネタをご紹介。

今日ご紹介するのは前回のオオメハゼに引き続き、ベニハゼ属つながりのイチモンジハゼ。

前回の記事ではオオメハゼは種子島でよく見かけたけれど鹿児島本土ではなかなか見かけないという話をしましたが、そんなオオメハゼと逆の分布パターンを示すのがイチモンジハゼ。

このイチモンジハゼ、錦江湾や坊津、佐多ではごくごく普通に見かける珍しくもなんとも無い普通種です。

しかし私が以前住んでいた種子島では、佐多の目と鼻の先に位置するにも関わらず、一度も見かけたことはありませんでした。隣の屋久島では出現記録はあるものの、かなりのレア物扱いの様子。

通常の分布域ということであれば、佐多が南限といったところでしょうか。温帯寄りに分布するということなんでしょうね。

オオメハゼにしろイチモンジハゼにしろ、佐多と種子島は目と鼻の先に位置するにも関わらず魚類相がかなり違うというのは興味深かったりします。

やはり黒潮の影響などでかなり海洋環境が違うということなんでしょうか。こういった魚類相の違いから海洋環境について考察するのは結構楽しかったりして。

今後も佐多と種子島の魚類相の違いについて色々考察していきたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。





続きを読む »

個人的に極寒な冬であります・・・。

どうも、アカオビハナダイです。

今日はかなり冷え込んだ一日でした。私の住んでいる地域では-3℃まで冷え込んだとか!!

職場の先輩の話では、今朝車のフロントガラスに氷が張っていて見えにくくなっていたので水をかけて溶かしたら、その後すぐまた氷が張ってしまったとか…。ここは鹿児島県なんですけどね…。

この3月まで南の島で過ごしていた人間には寒さが身に堪えまくりな今日この頃…。まだ12月だというのに…。

さて、今日も佐多で撮りためたネタをご紹介したいと思います。

今日ご紹介するのはオオメハゼ。水深15m付近のオーバーハングで出会いました。

鹿児島本土では過去に坊津で確認された記録がありますが、私自身は鹿児島本土で出会ったのは今回が初めて。こちらでは基本的にもっとも良く見かけるベニハゼはオキナワベニハゼですが、種子島ではオオメハゼをよく見かけました。

種子島であれだけ居たのだから佐多でも見られるのんじゃないかと探し回ったら、なんとか数個体確認。佐多でもやはりオキナワベニハゼが優先種のようです。

種子島と佐多は目と鼻の先の位置なのですが、黒潮の影響の程度なのか、やはりちょっと優先種が違うということなのかな〜。

あと、種子島・屋久島では浅場で比較的よくペガスス君をよく見かけたので、今後ペガスス君も探してみたいなあと考えているところ。

こうやって鹿児島の各エリア毎の海の環境を見比べるって面白いですね。今後も佐多の海を精力的にリサーチしてみたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

続きを読む »

自信はありませんが…。

どうも、アカオビハナダイです。

ここ2,3日はポカポカの暖かい日が続いておりましたが、今日の夕方からまたまたグングン冷え込んできました。

天気予報を見ると、明日の予想最低気温はー1℃…。昨日の最低気温は10℃だったんですけどね…。これだけ気温が乱高下すると体調崩しそう…。

体調管理には気をつけなくちゃですね…。

さて、今日も佐多で撮りためたネタを放出していきます。今回もコバンハゼ属ネタをひとつ。

今回ご紹介するのは「日本のハゼ」図鑑でコバンハゼ属の1種-2じゃないかな〜と思われる子。この子もフタイロサンゴハゼやタスジコバンハゼと同じサンゴに居ました。

特徴的なのは頭から胸鰭基底にかけて5水色横線があること。この特徴があるのはフタイロサンゴハゼとコバンハゼ属の1種-2くらい。

体色からするとコバンハゼ属の1種-2のほうが近い(ていうか、フタイロサンゴハゼとは全く違うカンジ)のですが、今回の子脊柱上縁に白色点が縦列するというコバンハゼ属の1種-2の特徴が無いんですよねえ…。

しかも「日本のハゼ」図鑑によると、コバンハゼ属の1種-2の分布域は石垣島・西表島となっているし…。

ただ、実は私、このコバンハゼ属の1種-2と思しき個体を以前種子島でも観察しております。種子島は佐多から目と鼻の先の位置にあり、種子島にいるならば佐多にいてもおかしくないのかな…。

まあ、今回のところは「コバンハゼ属の1種-2?」ということで…。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


※その後の追記…
 そういえばコバンハゼ属の1種-2は「アワイロコバンハゼ」という標準和名がついておりました…。アワイロコバンハゼはこの夏奄美でも確認したところですが、「アワイロコバンハゼ」という名前で検索すると和歌山や高知でも確認されている模様。特に石垣や西表だけで確認されているわけでもないみたい。
 というわけで、この記事の子はアワイロコバンハゼだと思われます。


続きを読む »

 | HOME |  »

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約