鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

「感激!!」という感情

どうも、アカオビハナダイです。

今日も前回に引き続き、佐多で見かけた甲殻類ネタをご紹介。

最近レア系・アイドル系のハゼが色々と見つかっている砂地のエリアにて、ナシジイソギンチャクが付着したムチカラマツが目にとまりました。

ナシジイソギンチャクは別に珍しいものではなく錦江湾のポイントでも沢山見かけます。私自身も特にナシジイソギンチャク自体には興味はありません。

しかしながら、昔からずっと見てみたいと憧れているのがこのナシジイソギンチャクを宿主とするアヤトリカクレエビ。

私が本格的にダイビングを始めた頃に「海の甲殻類」図鑑でその姿を見て以来、ナシジイソギンチャクを見るたびにアヤトリカクレエビはいないものかとずっと探していましたが、これまでずっと見つけることはできず・・・。

そんなカンジでナシジイソギンチャクを見かけるたびに特に期待もせずに反射的にアヤトリカクレエビを探すクセがついてしまいまして・・・。

で、何げにハゼを探している最中に目にとまったナシジイソギンチャクをのぞき込んでみると、何かがその表面を動いたような・・・。

「むむっ!!」と目を凝らして覗き込むと、そこには憧れ続けたアヤトリカクレエビの姿が!!

うお〜っ、とうとう見つけた!!突然訪れた出会いに大興奮!!

はやる気持ちを抑えながらその姿を撮影しようとファインダーを覗き込むと・・・、あれ??どこにいる??

アヤトリ君の擬態があまりにも見事なために、ファインダー越しにその姿を探すのに一苦労・・・。おかげでピンボケ画像を量産してしまいました・・・。

まあ、とりあえず数撃ってピントの山が目に当たったのが今回の画像。こうやって画像を見ると、つくづくその擬態スキルの高さに感動!!

ずっと憧れていた被写体に出会えたという事もあってか、久々に「感激!!」という感情を実感した次第でした。

またこんな素敵な感情が湧き上がってくるような出会いがありますように・・・。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

ちょっとネタを変えて・・・

どうも、アカオビハナダイです。

ここ最近、開拓中の佐多のポイントで、続々と出てくるアイドル系のハゼ達をご紹介中。まだまだ色々と素敵なハゼが出てきているのですが、今回はちょっとネタを変えて甲殻類をご紹介します。

ここのポイント、ハゼの宝庫となっている砂地にポツリポツリと様々な種類のソフトコーラルが生えています。

こんなソルトコーラルも丹念に見ていけば色々見つかりそうと思いつつ、まずはウミウチワを覗いて目に付いたのがイソバナカクレエビ。

体長1cm程度と小さいですが、スケスケボディがガラス細工みたいでとてもキレイ!!

このイソバナカクレエビ、その名のとおりイソバナやアカヤギなどによく着いているのを見かけますが、ウミウチワに着いているのは初めて見ました。

まあ、同色系の赤紫色のソフトコーラルだったら特にホストのソフトコーラルを選ばずに着くのかもですね。

今後も砂地のハゼだけにとらわれず、視野を広くソフトコーラルを覗いて素敵な生き物たちを探していきたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

続きを読む »

ヒレネジなど・・・

どうも、アカオビハナダイです。

今朝はこの秋一番の冷え込みとなりました。私のいる街は鹿児島県内でありながら8.4度を記録し、東北地方並みに冷え込んだ模様。

もう秋もガッツリ深まってきたというカンジでしょうか。

さて、ここ最近佐多のとあるポイントで出会ったちょいレア系ハゼ達をご紹介してきました。そのポイントは地元のダイビングショップの方から「ここまだ潜ったことがないんですよね」と言われながら潜ったバージンポイントでした。

で、潜ってみるとレア物系が沢山いそうな気配がムンムン!!そんな中でキザクラハゼやハチマキダテハゼを撮影してタイムアップだった訳ですが、探せばまだまだ色々と出てきそうな予感。

というわけで、先日またそのポイントへ。で、今回もまた色々な子達と出会えたので、ぼちぼちぼ紹介していきたいと思います。

またまた水深35m付近の砂地を探索していたときのこと。ズグロダテハゼとヒレナガネジリンボウが互いに隣り合って顔を出しているのを発見!!

それがまたズグロを真横のベストな位置から撮ろうとすればヒレネジが引っ込みそうだし、ヒレネジを真横から撮ろうとすればズグロが引っ込みそうな位置関係・・・。

しかしながら特に躊躇もせずに「ヒレネジなどこの拳王が無視してくれるわ〜!!」と心の中で叫びながらズグロ撮影のベストポジションへ移動。で、ズグロ君を激写!!

その時撮影したのが今回の画像。まあ、臀鰭が完全に閉じていてヒレ全開とはいかずに証拠写真止まりですが・・・。

このズグロダテハゼも居るところには沢山居る子で、奄美などでは普通種扱いです。しかしながら鹿児島本土でとなるとかなり(超)レア!!

私の知人は坊津の深場でズグロ君の素晴らしい画像を撮影しておりますが、私自身は鹿児島本土で見たのは今回が初めて!!いや〜、素敵な出会いに感動!!

しかしこのスペシャルポイント、まだまだ他にも出会いがありまして・・・。続きはまた後日・・・。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

今後有望なエリア

どうも、アカオビハナダイです。

この週末は二日間とも秋晴れの晴天。気持ちいい程に澄み切った空が広がっていたけれど、朝は長袖を着ていて寒かったのに昼には半袖で汗ばむ陽気・・・。体調を崩さないように気を付けないとですね。

さて、今日もここ最近佐多で撮り溜めたネタを放出します。今回ご紹介するのはダンダラダテハゼ。

前回・前々回の記事でご紹介したキザクラハゼやハチマキダテハゼと同じ水深35m付近の砂地に多く見かけました。ここのエリアの優先種といったところ。

ダンダラ君はこれまで坊津でも結構見かけたので、特に鹿児島本土で見ること自体は珍しくないかと思います。

ただ、これまでの経験上、ダンダラくんが沢山いる砂地のエリアは結構レアなハゼがいろいろ出現したりします。

この砂地エリアも今後じっくり観察していけば、色々とレア物が見つかるかもしれません。これから可能な限りこのポイントを潜らないとですね。色々見つけちゃうぞ〜!!

今後を請うご期待!!

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

続きを読む »

引き続き証拠写真レベルですが・・・。

どうも、アカオビハナダイです。

迷走していた台風21号もようやく自分の進むべき進路を見定めたようで、東北東方面へ足早に進行している様子。ともかくこの週末に影響はないようで、ホッと一安心。

さて、今日も引き続き最近佐多で見かけたネタを放出。

今日ご紹介するのはハチマキダテハゼ。この子も前回の記事でご紹介したキザクラハゼのいた水深35m地点の砂地にいました。

なんとか近寄って真横からヒレ全開のショットを収めたかったのですが、人馴れしていないせいかこの1枚を撮影した瞬間に引っ込んでしまいました。

という訳で前回に引き続き証拠写真レベル・・・。あう・・・。

このハチマキダテハゼ、ネットで検索すると伊豆方面まで死滅回遊的に出現するとのことですが、私は鹿児島本土で確認したのは今回が初めて。

奄美大島では結構普通種で水深10m付近でも見かけたりするので、わざわざ水深35m付近で撮影するネタではないのかもしれませんが、ともかく本土に出現した記録として掲載しておきます。

しかしここの砂地、これからじっくり広範囲に観察していけば色々と素敵な出会いがありそうな予感。これからも丹念にリサーチしなくちゃ!!

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

 | HOME |  »

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約