鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

黄化の謎

どうも、アカオビハナダイです。

台風15号は完全に過ぎ去り、変な動きを見せていた台風14号も東シナ海のかなり沖を過ぎていくようで風雨ともかなり穏やかになってきました。

当初先週末に奄美に行く予定も一週間後に延期したところですが、奄美も台風被害が特になかったようで、どうやら無事潜りに行くことができそうです。

何はともあれホッと一安心。

さて、今日も佐多のネタをご紹介したいと思います。今日ご紹介するのはニラミギンポの黄化個体。

このニラミギンポの黄化個体は2年ほど前に初めて種子島で遭遇し、当時は「なんだこのギンポは!?」と驚いた次第でした。(その時の事は2010年4月5日の記事に書いています。)

種子島では本来通常の体色のニラミギンポが沢山いて、この黄化個体を見かけたのはあとにも先にもこの1個体のみ。

しかしながら佐多の海を潜っていると、頻繁にこの黄化個体を頻繁に見かけます。ていうかむしろ通常の体色のタイプは全く見かけず、出会うのはこの黄化個体ばかり。

そしてちょっとプレッシャーをかけて岩の隙間に入り込んだところを覗くと、図鑑通りの通常の体色パターンが出現したりします。(それが今回の2枚目の画像。)

いや、佐多の海ではむしろ黄化個体のほうが通常の体色パターンというべきでしょうか・・・。

なぜ佐多にはこの体色パターンの子ばかりなんでしょう?そもそもこの体色の意味は何なんでしょうね?それを言えば、各種魚類の黄化個体も何の意味があるんでしょうね?

まだまだ普通種の魚達にも謎があるもんだと改めて感じた次第でした。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

史上最強クラスの台風接近中!!

どうも、アカオビハナダイです。

観測史上でも最強クラスの台風15号がただ今沖縄県を通過中。沖縄気象台が記者会見を開いたり、南西諸島の多くの世帯に避難を呼びかけるなど、その勢力の強さが伺えます。

海の方も南西諸島や佐多などの鹿児島本土の外海はもちろん、遠くは柏島や伊豆諸島方面など広範囲にわたって台風による時化のためにダイビングに影響が出ているようです。

台風の進路近くにお住まいの方々はどうぞご注意くださいませ。

そんな中、私は今日も錦江湾でまったりダイビング。陸上はぼちぼち風が強かったけれど、海は比較的穏やかでした。こんな時には本当に錦江湾のありがたみを実感します。

さて、そんなピチピチ撮れたてのネタは少々熟成させるとして、もうちょっとだけ佐多のネタをご紹介していきたいと思います。

今日ご紹介するのはウミトサカに生息するスケロクウミタケハゼ。少々自信がないですが、体型がずんぐりむっくりして吻から目にかけて赤いラインがあることからスケロクウミタケハゼではないかと・・・。

このコラボショットはいろんなサイトで見かける定番ショットですが、いつ見ても可愛らしいですね〜。しかしもっと絞りを開放して青被りさせればよかったと少々反省・・・。

どうも私は普段から絞りをかなり絞って撮影する(巷ではおっさん撮りとか外人撮りなどと言うみたいです)癖が身にしみちゃっているもので・・・。

ところでこの宿主となるソフトコーラル類は、むしろ錦江湾の湾央部に群生しているのですが、スケロクウミタケハゼや他の共生生物は湾央部ではあまり見かけることがありません。

対して佐多や坊津などの鹿児島本土の外海ではスケロクウミタケハゼやその他甲殻類・貝類などの共生生物を多く見かけることができます。これら共生生物は外海域を好むということでしょうか?

このウミトサカに生息する生物も魅力的な子がたくさんいますので、今後も機会があればぼちぼち撮影してご紹介していきたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

台風のシーズンですね・・・。

どうも、アカオビハナダイです。

台風14・15号が沖縄近海をウロウロしており、南西諸島はかなり時化ている模様。15号はどうやら東シナ海を北上してきそうです。

実は私、今度の週末は奄美に行く予定でしたが、15号の影響が気になって急遽予約を次の週末に変更。来週は台風が発生しませんように・・・。

さて、今日もこれまで撮り溜めていた佐多の画像をご紹介。今日ご紹介するのはムチカラマツエビ。

佐多の海を潜っていてムチカラマツを覗いてみると、結構な割合でこの子達がくっついています。錦江湾湾央部の桜島ではそんなに見かけないのですが、佐多では簡単に出会うことができます。

代わりに桜島周辺ではイボイソバナガニをやたらと見かけます。佐多ではそんなに見かけないのですが・・・。場所が変わると宿る生物も変わるのでしょうか??

つーか、確かまだこれまで錦江湾のイボイソバナガニをご紹介したことがないですね・・・。そのうち撮影してこのブログでご紹介したいと思います。

とりあえす今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

青抜きしちゃいました。

どうも、アカオビハナダイです。

先週末は桜島で一日ダイビングしたのですが、実は佐多でも一日ダイビングをしました。

鹿児島本土に戻ってきた4月以降、実のところ錦江湾だけでなく佐多でもちょくちょくダイビングを楽しんでおります。

しかしながら佐多の海は私自身まだまだ勉強中でして、錦江湾のようにはおもったような画像がなかなか撮影できていません。

ただ、ちょっとした小ネタが少しずつたまりつつあるので、これからサタのネタをぼちぼち放出していきたいと思います。

さて、錦江湾の湾央部である桜島の袂はこの週末も激濁りであったのは昨日のブログにも書いたとおり。ワイド画像はものの見事に撃沈・・・。

その翌日、今度は錦江湾の湾口部に位置する佐多で潜ってみるとなんとビックリ!!透明度は20m位はありそうなスコーンと抜けた青い海が広がっていました!!

そんな青い海を表現すべく、ガラズハゼの青抜きショットをパチリ。ベタな写真ですが、見ていて気持ちの良くなるショットですなあ。

それにしても佐多はほぼ外海といえ、湾央部と湾口部でここまで透明度が違うとはいろんな意味で奥が深いぜ、錦江湾・・・。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

続きを読む »

絶賛激濁り中!!

どうも、アカオビハナダイです。

お盆を過ぎてから夜の気温が程よく過ごしやすくなってきました。夏ももう終盤戦に差し掛かってきたところでしょうか。

さて、8月になってから私はある物を狙って週末毎に錦江湾でガッツリ潜っておりました。

その「ある物」とは、アカオビハナダイの婚姻色♂の群れ!!

以前もこのブログで語ったのですが、錦江湾では他の海域では稀種と言ってもいいアカオビハナダイの群泳を見ることができます。

アカオビの群泳の光景はそれだけで圧巻なのですが、夏になるとオス達がバリバリの婚姻色を呈するようになり、婚姻色♂達の乱舞を見ることができます。

そんな凄まじい光景はキッチリ画像に収めなくてはと鹿児島本土に戻ってきてからずっと思っていたところで、8月になってからは愛機のD90にトキナーのズームフィッシュアイを装着して潜りまくっていました。

そして婚姻色♂達の乱舞シーンにはいとも簡単に出会うことができたのですが・・・。美しい乱舞シーンをそうやすやすと撮らせてくれない光景も広がっておりまして・・・。

その私の前に立ちはだかる光景とは、ダイバーの気分を瞬時にグランブルーにしてしまう夏の名物「錦江湾グリーン」・・・。視界は深緑の靄一色・・・。

8月上旬に撮影した時はあまりの濁りに絶句したところですが、濁りは日を追うごとに酷くなると共に、アカオビ♂達の婚姻色もだんだん薄れてきてしまいました。

振り返ってみると、結果的に一番最初に潜った時が一番条件が良かったような気が・・・。もしかすると7月後半の梅雨明け時期とかが一番条件が良かったのかな〜と思ったところ。

せっかくなので今回は8月頭に撮影した婚姻色の出ているアカオビ♂達の群泳シーンをご紹介したいと思います。

来年はもっともっと凄い群泳シーンを撮影するぞ〜!!

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。




続きを読む »

 | HOME |  »

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約