鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

フカフカの泥場にて

どうも、アカオビハナダイです。

太陽が暴力的に照りつける真夏の日が続きますね。夜もクーラーが入っていないと暑くて眠れません・・・。

さて、今日も錦江湾ネタをひとつ。桜島の麓の小さな入江のふかふかの火山灰が海底に溜まっている泥場にて、久々にカスリハゼに出会いました。

私がこの3月まで3年間ホームゲレンデとして潜っていた種子島・屋久島の海は、黒潮の影響を受けたとても透明度の高い海で、海底には一面の白いサラサラの砂地が広がる反面、泥場がほとんどありません。

透明度の高い海でガンガン潜るというのは一般的なダイバーからすればとても贅沢なことなのでしょうが、個人的には大好きな泥場でのダイビングに飢えた3年間でもありました。

そんな訳で種子島・屋久島ではなかなか泥場に生息するカスリハゼに出会うことはなく、錦江湾にて久々の再会。まあ、厳密には奄美の泥場で出会ってはいるのですが。

そんなカスリハゼ、全体的にはかなり地味な体色ですが、個人的にはこの渋いカンジがかなり好みだったりします。今回出会った子は度胸が座っていて、60mmマクロでガンガン近寄れるとても良い子でした。

冬にアマモが生い茂る時期になると全身が黄色っぽくなる黄化個体が出現することもあります。しかしながら私はまだカッチリ黄化個体を撮影したことがありません。

というわけで、この冬は黄化個体の撮影にもチャレンジしてみたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

続きを読む »

久々に会いました

どうも、アカオビハナダイです。

もう東海地方あたりではとっくに梅雨明けしたというのに、鹿児島は雨が降ったり止んだりでを繰り返し、スッキリしない天気が続いています。いい加減梅雨明けしてくれないかな〜。

さて、気を取り直して最近錦江湾で撮影したネタをご紹介していきたいと思います。今日ご紹介するのはネジリンボウ。私が再び錦江湾で潜るようになってから、どうしても会いたかった子。

錦江湾には通常のネジリンボウと比べて体色が全体的に赤みを帯びる「サクランボウ」タイプがいることが知られています。今回そのサクランボウタイプに出会いたかったのですが、見つかったのは通常のタイプの子だけでした。

今回潜ったポイントの浅場には、以前はたくさんのネジリンボウ(もちろんサクランボウタイプも)がいたのですが、久々に潜ってみると数がかなり少なくなっていました。当然年によって多かったり少なかったりするんですけどね…。

まあ、サクランボウタイプに会えなかったのは残念だけど、通常のタイプも充分魅力的。しかも60mmマクロでこんなに寄らしてくれるとてもいい子もいました。

でも欲を言えばペアを撮りたかったかな。まあ、欲を言い出せばキリがないんですけどね…。

まあ、今後も「これ以上ないというネジリンボウの素晴らしい画像を撮りたい」という欲望(煩悩?)が満たされるまで、このネジリンボウ達を追いかけていきたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

続きを読む »

水中が賑やかなシーズンになりました。

どうも、アカオビハナダイです。

またまたしばらくブログをサボっておりましたが、プライベートな幼児も落ち着いてきたのでボチボチ再開していきたいと思います。

さて、ここ最近はあんまり潜れていなかったところですが、先月末のネタのストックがあるのでしばらくはその時のネタを放出していきたいと思います。

6月頃になってくると陸の上では日本中が梅雨のシーズンに入りなんだか憂鬱な季節となるのですが、海の中では多くの魚達が繁殖のシーズンに入りとても活気づく季節になります。

我がホームゲレンデの錦江湾でも、前回ご紹介したハシナガウバウオ以外にも様々な魚達が活気づいてきます。今回ご紹介するクマノミもそのひとつ。

今年は6月後半からいたるところで一斉にクマノミ達が産卵を始め、生まれたての真っ赤な卵を守っている光景が目に付くようになってきました。今回の1枚目のクマノミのペアは、まさに産卵の真っ最中。

オオサンゴイソギンチャクの付け根のちょっと開けたスペースに、メスがせっせと輸卵管を伸ばして卵を産み付けていくと、その後をオスがトレースしてせっせと卵に精子をかけていきます。

今回の画像を撮ったのがかれこれ三週間ほど前のこと。この卵たちはもうとっくに旅立ってしまったかな〜。最近のクマノミの産卵状況が気になって気になって仕方ありません…。

ようやく梅雨も明けたことだし、またスキを突いて潜りにいけないかなあと思案中の今日この頃なのでした。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

続きを読む »

 | HOME | 

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約