鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

ゴミ溜まりの中には…

どうも、アカオビハナダイです。

気づけば明日からもう11月。今年も残すところあと二ヶ月!!

おかしいな、つい先日実家で正月迎えた気がするんだけどな…。歳を重ねると時間の流れも恐ろしく早くなる模様…。

さて、今日も10月3連休時の種子島ネタをご紹介していきたいと思います。

3連休の時はここ種子島も透明度が素晴らしく良かったということは前回・前々回の記事にも書いたとおり。

そんな中、波打ち際近くの岩場と砂地の境界付近だけがモヤがかかっているように透明度が悪くなっていました。

その場所をあえてのぞき込んでみると、枯葉や枯れ木、ゴミなどが溜まっていてなんだか汚いカンジ。

普通はそんな小汚いエリアなんて素通りするかもしれませんが、こういったゴミ溜まりには素敵なお宝が潜んでいることもしばしば…。

そしてゴミの中を丹念に覗いていくと、ユラユラと揺れ動く木の枝のそばにたたずむヘコアユの若魚達を発見!!

彼等はまるで自分達が木の枝になりきっているかのように、細長い枯葉と一緒にユラユラと揺れ動いていました。

必死になって枯葉を演じるヘコアユの姿がまたキュート!!思わずその姿を激写してしまいました。その時の画像が今回の2枚。

「自分、枯葉ですから…。」なんちって…。

続きを読む »

5割増しのカッコ良さ

どうも、アカオビハナダイです。今朝はかなり冷え込みました。

日本列島でも木枯らし1号が吹いたところもあったようで、すっかり秋というより少しずつ冬の気配も忍び寄ってきているようです。

とはいえ、私は今日も一日ここ種子島で半袖姿で過ごしたんですけどね〜。エヘ。

さて、今日も先日の種子島ネタをご紹介していきたいと思います。

前回の記事でも書いたとおり、先日の3連休の海況は抜群の透明度という素晴らしいコンディションに恵まれました。

正直な話、特に素晴らしい被写体に出会うことはできなかったのですが、それでも透明度のバツグンの水中世界でキラキラ輝く白い砂地の上を漂うだけでとても幸せな気分に浸ることができました。

そんなキラキラの砂地を漂っていたとき、普段からよく見かけるエソ君達が何気に視界の中に飛び込んできました。あれ?なんだかいつもと雰囲気が違う…。

キラキラと輝く白い砂地に佇んでいる彼らがやけに(5割増しくらいに)カッコ良く見えまして…。君達はそんなに美男美女だったっけ?

う〜ん、これはまさしく夏の海辺や冬のスキー場などと同じ効果で、バックがキラキラ輝く場所では男女ともルックスが何割増しかでよく見えてしまうというヤツですな!!

まあでもせっかくエソ君がカッコ良く見えるのなら、そのカッコ良い雄姿をカッチリ押さえなくちゃもったいないと思いっきり激写!!

で、その時の画像が今回の2枚。

どう?カッコいいでしょ?

続きを読む »

青い静寂の中へ

どうも、アカオビハナダイです。

この週末はまた屋久島でガッツリ潜ってきました。お陰様でなかなか面白いネタを仕入れることができましたので、いずれまたこのブログでご紹介していきたいと思います。

その屋久島ネタの前に今月前半の三連休時にここ種子島で潜った時のネタがありまして、少々鮮度が落ち気味なので、これからしばらくはその時のネタを放出していきたいと思います。

さて普段種子島はお隣の(黒潮本流が頻繁にぶつかる)屋久島と比べると透明度は一段劣る(とは言え鹿児島本土に比べるとメチャメチャキレイ!!)のですが、この三連休時は屋久島並みに気持ちよくスコーンと抜けていました。

多分黒潮の分岐流が屋久島北部を回りこんで種子島の西側にぶつかったのでしょう、透明度は30mオーバーはあったのではないでしょうか。

そんなとてつもなく美しい青い世界をフワフワ漂っいながら堪能していたときのこと。眼前に広がる広い砂地の向こうから黒い影が近づいてきました。何だろうと思ってみると、マダラトビエイ!!

美しい青をバックに、幻想的な白い砂地の上を舞うその姿に私の目も思わず釘づけ!!まさに息を飲むような光景。

しかしそこでふと我に返り、あわててカメラで数カット撮影。そのままマダラトビエイは青い静寂の中へ吸い込まれるように消えていきました。

そしてその時撮影した数カットのなかで最もまともに写っていたのが今回の一枚。装着していたのが60mmマクロだったのでなんとか全身写すことができました。

しかし欲を言えば、ズームフィッシュアイで近接して撮影したかったなあ。とはいえこればっかりは一期一会の世界…。

あんな幻想的な光景を見れただけでも「良し」としないといけませんね。


続きを読む »

ツバメウオ飼いとツバメウオの群れ

どうも、アカオビハナダイです。

今日も雨が降ったり止んだり。夕方になってからは激しい雨と雷…。週末は穏やかな天気になって欲しいのですが…。

さて、長々と続けた先月の屋久島ネタもとりあえず今回でおしまい。そんな最後にご紹介するのはツバメウオの群泳。

屋久島に通い始めてからずっと是非ともワイドで押さえておきたいと思っていたネタでして、今回ようやく押さえることができました。

これまでも何度か見かけることはあったのですが、いつもマクロレンズを装着していたもので…。

この群れ、ゆったり泳いでいるように見えて結構なスピードで動きまわりやがります。しかしあさっての方向に泳ぎだすと、ガイドのしげるさんがまるで羊飼いのように泳ぎ回って群れを誘導してくれました。

それでもへタレな私の腕ではあんまり良い画像は撮影できなかったのですが、素晴らしい羊飼い…、もといツバメウオ飼いのしげるさんのお陰でなんとかまともな画像を2枚ほど撮影できました。それが今回の2枚。

見れば見るほどもうちょっとなんとかうまく撮影できなかったかなあとは思うのですが、なんとか人様に見せられる証拠写真にはなったでしょうか。

またいつかそのうちガッチリ撮影したいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

続きを読む »

BATTLE OF FEMALE

どうもアカオビハナダイです。

今日は雨が降ったりやんだり。夕方の雨が止んだ時間を見計らって帰っている途中に豪雨に見舞われ、見事にびしょ濡れ…。めんどくさくて傘を持たなかった私の負け…。

さて、もうちょっとだけ先月の屋久島ネタをご紹介していきたいと思います。

アザハタ3匹と無数のテンジクダイ達が集う「ゼロ戦」ポイントにて、ズームフィッシュアイレンズでワイドネタを撮影していると、ガイドのしげるさんが「こっち来て!!」と手招き。

何だろうと思い、しげるさんの指差す方向を見てみると、そこには二匹のカシワハナダイのメスが思いっきり噛み付き合ってバトルしてすじゃないですか!!

思わず激写しまくり!!

しかしこの二匹、ケンカしながらとにかく動き回る…。しかもズームフィッシュアイで接写しようと思いっきり近寄るとすぐケンカをやめちゃう…。

60mmマクロだったら迫力ある画像が撮れたかなあと思ったりして…。なにはともあれ最もまともに撮影できたのが今回ご紹介する写真。

それにしても通常ケンカするのってオスばっかかと思っていたのですが、メスもケンカするもんなんですね。いったい何を廻ってケンカしてたんでしょ??イケメンの草食系オスとか??

魚の世界も肉食系女子がハバを効かせつつあるのかなあとアホなことを考えた次第でした…。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

続きを読む »

 | HOME |  »

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約