鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

あ〜っ!!

どうも、アカオビハナダイです。
今日も最近取りためた地元種子島でのネタを放出していきます。

さて、前回の記事同様、くせのように転石をひっくり返して観察していたときのこと。岩の裏からベンケイハゼが登場。おっ、カワイイ〜!!

私は鮮やかな黄色のボディに白のラインが映えるイレズミハゼ属が個人的に大好きだったりします。で、早速撮影。そのとき最初に撮ったのが今回の1枚目。

さらにファインダーを覗きつつじっくり近寄りアップの写真を撮影しようとすると、一瞬白いものが横切ってベンケイハゼ君の姿が消えてしまいました。

逃げられちゃったかなあと思いファインダーから目を離して目のみると、そこには驚愕の光景が…。なんと白いエソがベンケイハゼ君を咥えて今にも飲み込もうとしてるではないですか!!

これまで過去に撮影していたハゼをトラギスに食べられたという経験談は何度も聞いていて、ハゼの撮影中はトラギスの動向に気をつけていたのですが、まさかエソにやられるとは…。

しかしこうなっては後のまつり。せめてエソに食べられていくベンケイハゼ君の最後をキッチリ撮影して弔ってやろうと訳の分からないことを考え、ベンケイハゼ君を咥えたエソを追い掛け回して撮影。それが今回の2枚目。

しかしエソも素早く逃げ回るもんだからなかなかうまく撮影できずひたすら追い掛け回していると、最後はエソも観念したのかベンケイハゼ君を吐き出してスタコラサッサと逃げていきました。

ふう。追い掛け回した甲斐あって、思いもかけずベンケイハゼ君を助け出すことができました。ヨカッタ、ヨカッタ。

で、早速ベンケイハゼ君を撮影しようとすると、ベンケイハゼ君は必死になって岩の隙間に逃げていきました。そのとき慌てて撮影した後姿が今回の3枚目。

しかし結果的に無事だったとは言え、ベンケイハゼ君にはとてつもない恐怖を味わわせてしまいました。きっとエソに咥えられている最中、彼(彼女?)の頭の中にはこれまでの一生が走馬灯のようにフラッシュバックしたことでしょう。

ベンケイハゼ君、本当にゴメンナサイ!!m(_ _)m

これから撮影中はトラギスだけじゃなくてエソも注意しないといけないなあと思った次第でした。


続きを読む »

レアモノ?普通種?

どうも、アカオビハナダイです。
まだまだ放出します、最近取りためた地元種子島ネタ。

私には日課といいますか、くせといいますか、ダイビング中はいつも岩をひっくり返してその裏側をチェックする習慣があります。

なぜそのようなことをするかというと、あるハゼを見つけたいという思いが強くあるからです。そのハゼとはホムラハゼ。

ホムラハゼは私の心の中で長年の間見てみたいハゼNo.1の地位に居座り続けているハゼでして、昔からずっと探し続けている子です。

柏島などでは比較的コンスタントに観察されているようで、いるところには結構いるのかなあというカンジを受けます。

また、「日本のハゼ」図鑑で分布域と生息環境を見る限り、どう考えても種子島にもいるとしか思えない記載がされています。

で、いつものように岩をひっくり返していたときのこと。黒と白のツートンカラーのハゼが佇んでいるのを発見。

おっ、オキナワハゼじゃん。特に珍しいわけではないのですが、ギザギザした鰭の形とかがカッコよくて個人的に好みだったりします。で、逃げるオキナワハゼをなんとか追いかけて数枚撮影。

その後家に帰り、改めてオキナワハゼの画像をチェックしてみると…。

あれれ。オキナワハゼってこんな面長な顔立ちしてたっけ?下あごにこんなに皮弁が生えてたっけ?鰭が全体的にやけに透明だけど??なんだか見れば見るほどオキナワハゼじゃないような…。

「日本のハゼ」図鑑とにらめっこしながらしらみつぶしに調べていくと、「イサゴハゼ」の写真を発見。

図鑑中の写真自体が妙に小さいし、若干白にごりしていてハッキリしないけと、記載されている特徴が一致するし、分布域に種子島も入っています。この子くさいな…。

さらにネットで検索して出てきた画像をチェックすると、まさに今回撮影した子と同じ体色・模様の子が出てきました。イサゴハゼに間違いない!!

それにしてもこの子のネット上の画像の少ないこと!!ハゼマニアを自負する私自身がこんな子がいるんだと初めて知った次第。

もしやかなりのレアモノではないかと思うものの、この子が特にレアモノであるという情報は全く聞いたことがありません。ネットで見つけた画像等についても、特にレアモノ扱いされておらず…。

いったいこの子はレアモノなのか、普通種なのか…??

まあ、ともかく私自身この子を初めて見たのには間違いないわけで、とりあえず喜んでおこうかなと思った次第でした。


続きを読む »

「しげるさんをうらやましがらせるぞ」プロジェクト其の二

どうも、アカオビハナダイです。

前回の記事で、屋久島のガイドのしげるさんをうらやましがらせるべく、種子島で見つけたタルマワシ(ヨコエビ亜目の)をご紹介したところですが、それ以外でもヨコエビを見つけたので、今日はその話をひとつ。

ここ最近の記事で60mmマクロの話ばかりしていましたが、先週末はとある目的があり、久々に105mmマクロを装着して潜りました。その目的とは、アオギハゼ。

昨年は5月にアオギハゼの婚姻色を確認したので、今年もそろそろ観察できないかと思いチェックしてみると…、全く婚姻色は確認できず。というか、水温がかなり低かったり…。

昨年は4月に入ったとたんウエットスーツは5mmに衣替えしたのですが、今年はまだまだ6ハンが手放せそうもありません。水温は現時点で18℃くらい。

ちなみに最近ダイビング中にヒレジャコ等のシャコガイの死殻が目に付きます。おそらくこの冬の異常な低水温に耐えられずに死んでしまったのでしょう。

それから、昨年は今頃の時期に多くのトラギス達の目の上にイカリムシがついていた(熊毛海域の春の風物詩)のですが、今年はまだ全く姿が見えません。

陸上の気温はだいぶ春真っ最中と言う感じですが、水中はまだまだ冬といったカンジです。早く暖かくならないかなあ。

そんなアオギハゼの婚姻色が観察できずにガッカリしていたときのこと。アオギハゼの群れのすぐ傍に着生しているハネウミヒドラに目が留まりました。

何かついてるなあと思い、よくよく見ると、そこには体長2〜3mm程度の可愛らしい丸っこいヨコエビが一匹ついていました!!カワイイ〜!!この丸っこいヨコエビも、体形からしてタルマワシと言っていいのでしょうか?

パッと見は、前回の記事の子のほうが体色もポップなカンジで人の目を引きつけるでしょうが、個人的には今回の子のほうが体色も淡く美しいカンジで好みだったりします。

何より背景が、前回のミルも悪くはないのですが、今回のハネウミヒドラのほうが満開の花が咲き誇っているようなカンジでステキ!!

季節柄、まるでヨコエビが花見を楽しんでいるみたいですね。

で、またまた種子島から屋久島の方角を向きつつ、「しげるさん、どうですか〜!!種子島でまた別のタルマワシ見つけましたよ〜!!」と叫んだ次第でした。



続きを読む »

「しげるさんをうらやましがらせるぞ」プロジェクト

どうも、アカオビハナダイです。
今日も、最近地元種子島で撮りためたネタをご紹介していきます。

といいつつ、まずは先月末に屋久島で潜ったときのお話。いつもお世話になっているガイドのしげるさんのお店にてワレカラの子育ての画像(今年3/28の記事の子)をチェックしつつ、ワレカラを含めたヨコエビ類の話へ。

「実は屋久島ってヨコエビ類をなかなか見かけないんですよねえ。」としげるさん。この時撮影したワレカラもかなり深い水深のガヤについていたもので、なかなか浅場で観察することができないとのこと。

かつて錦江湾で潜っていたときは浅場のアマモ場とかで沢山いるのを見かけまたなあと思いつつ、もしかしたらヨコエビ類って温帯域寄りの分布なのかもと二人で話をしていました。

で、そんな雑談をしつつ、二人してネットでヨコエビ類の画像をチェック。すると、「タルマワシ」と呼ばれる丸っこくて可愛らしいヨコエビ類の仲間達の画像に目が留まりました。

(ちなみに本来「タルマワシ」と標準和名が付けられているのはサルパの外壁を住処として浮遊生活を送っているクラゲノミ亜目の種であり、おそらくヨコエビ亜目を呼称している「タルマワシ」というのはあくまで正式なものではなく、おそらく単なる俗称だと思われます。が、あえて今回はヨコエビ亜目を「タルマワシ」と呼ばせていただきます。)

こんな子達を見てみたいよなあと目をキラキラ輝かせているしげるさんを横に、私は画面の中のある「タルマワシ」と紹介されている一つのヨコエビの画像に目が釘付けになりました。あれ、この子見たことあるぞ!!

その「タルマワシ」とされるヨコエビの画像は、まさに私が今年の2/24の記事でご紹介した、浅場で見つけたヨコエビと同じ種類の子ではないですか!!

しかも去年の低水温期に撮影してるし、もしかすると種子島で今の時期じっくり浅場を探せば見つかるんじゃないかと思いつつ、横でキラキラ目を輝かせるしげるさんをうらやましがらせるチャンスかもと思ってみたり…。

で、後日種子島で潜ったときのこと。改めて「タルマワシ」を探すべく、早速1本目から浅場でネチネチダイビング。

潜り始めてから2時間経過してもなかなか見つけられず、そろそろエキジットしようかと砂地を眺めながら戻っていたら、水深1mを切った波打際間近の砂地の転石に生えたミルが目に留まりました。

あれれ、丸っこいヨコエビらしきのが沢山ついてる!!ってタルマワシ君達じゃん!!まさにエキジット間際の逆転ホームラン!!

立てば上半身が水面から出る浅場にて、そこからさらに1時間タルマワシ君の撮影会を実施。しかしうねりがひどくてなかなか撮れない…。

結局エアが無くなり1本目をエキジット。そこからタンクを変えつつ1時間水面休息を取ったら、再び真っ直ぐ浅場の転石へ。

2本目はうねりで体をユラユラ揺さぶられつつ、周りの転石で必死に体を固定させながらさらに3時間の撮影会。2本目エキジットしたときは、帰宅予定の時間をかなりオーバーした日没の頃となってしまいました。

そんな苦労して撮影しまくったタルマワシ君達の画像の中から選りすぐったものが今回ご紹介する3枚!!タルマワシが付着していたミルもなかなか良いアクセントとなっています。

で、種子島から屋久島方面を向きつつ…
「しげるさん、どうですか〜!!種子島はタルマワシがたくさんいましたよ〜!!」
と叫んでみたり…。

ちなみに今回の画像も60mmマクロで撮影しました。体長5mmに満たないちっこいヨコエビも、きちんと最短距離で撮影できました。

105mmマクロと比較して、画角も広くて被写界深度も深いから、ファインダーを覗きながらでもちっこい被写体がかなり見つけやすかったり。

いやあ、つくづく便利なレンズだなあと思った次第でした。



続きを読む »

実験的マクロワイド

どうも、アカオビハナダイです。

新年度に入ってから仕事に追われまくりな今日この頃、少々ブログをサボりがちになっております。

さて、前回60mmマクロレンズの面白さについてエラそうに語り、ダツの群れの画像をご紹介したところですが、今回もその60mmマクロで撮影した実験的マクロワイドの画像をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは何処にでもいるエソ君の画像。普段は被写体として特に見向きもしないのですが、この時は透明度も良いし下の砂地が太陽光でキラキラ輝いていたので、ちょっと周りの環境も写し込んでみました。

そんなステキな環境を取り込んで写してみるとなんとビックリ!!ただの地味なエソ君が5割増しにさわやかなカンジになったではないですか!!

エソ君だけだと何の面白みもない画像になったでしょうが、美しい環境を回りに写しこむことで、エソ君がかなりカッコイイ雰囲気に仕上がりました。

逆に言えば、キラキラの美しい砂地だけだとちょっと寂しいカンジになりますが、エソ君を入れることでかなり良いアクセントになっているかと思います。

コンディションが良いときは、その環境も取り込むことによって普通種もかなり良い被写体になるもんだなあと勉強になった次第でした。

これからも60mmを使って、様々な撮影にチャレンジしたいと思います!!

続きを読む »

 | HOME |  »

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約