鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

似てる??

どうも、アカオビハナダイです。
あともうちょっとだけ先月の屋久島ネタのお話を…。

昨年からハナダイギンポが屋久島に出現しているとの話を聞き、ず〜っと「そのうち見てみたいなあ」などと考えていて、今回そのポイントを潜る機会があったので、ハナダイギンポの撮影にチャレンジしました。

事前のブリーフィングで「水深25mの魚礁にキンギョハナダイが群れていて、その群れの中にハナダイギンポが混じっている」とガイドのしげるさんに教えてもらい、エントリーすると魚礁へダッシュ!!

魚礁へ着くと、キンギョハナダイの群れをじっくり観察。パッと見キンギョハナダイばっかりに見えるものの、群れの中に体形が伸びきった感じの子達がチラホラ…。

よくよく観察すると、体形が伸びきった感じの子達のツルッとした顔立ちはまさにギンポ!!この子達がハナダイギンポなのね〜、とまじまじと観察。

確かに肉眼で見た感じは体色はキンギョハナダイっぽいけれど、見れば見るほどギンポにしか見えません。

しかしいくら近づいても他のギンポと違って穴に入ろうとはせず、ひたすらキンギョハナダイに混じって泳いでいました。

彼らも必死にキンギョハナダイを演じているつもりなんでしょうね…。



続きを読む »

イワシの大群を襲うカジキ・・・のような・・・

どうも、アカオビハナダイです。
先月の屋久島ネタもいよいよ終盤戦。あともう少しお付き合いください。

浅場に戻ってきたときの事。減圧がてらノンビリ泳いでいると、遠くの水面近くで黒いモヤのようなものとその周囲を泳ぐオキザヨリたちを発見。

いったい何だろうとボンヤリ考えていると、ガイドのしげるさんがモヤのほうへ接近。するとしげるさんが慌てて手招き!!

何だろうと思って近寄ると、黒いモヤの正体はキビナゴの稚魚の群れで、その群れにオキザヨリがアタックしまくっているではありませんか!!

縮尺はかなり違えど、まるでイワシの大群に襲い掛かるカジキみたい!!

さらに観察していると。周囲にはさらにムロアジやヒラソウダも集まり猛攻なアタックをしかけます。すげ〜!!

ここはバッチリ撮影しなくちゃとカメラを構えるも、いかんせんレンズが105mmマクロ…。群れからかなり離れたところで撮影しても、群れのごく一部を切り取るばかり…。しかも距離を置いたぶんだけ画像もかなり不鮮明…。orz

後で一緒に潜った人がコンデジのワイド端で撮影した画像を見せてもらうと、私の一眼レフで撮影した画像よりも圧倒的に握力のある写真が撮れているではありませんか…。 orz

いくら一眼レフとは言え、マクロレンズでのワイド撮影にはかなり無理があるよなあと、当たり前のことを強く思い知らされた次第でした。

もう、あんな光景見ることできないだろうなあ…。



続きを読む »

声高らかに歌え!!

どうも、アカオビハナダイです。

まだまだ梅雨ですね。この土日も雨はカミナリと一緒にがっつり降ってくれました。せっかくの週末が…。

いいかげん古くなりつつある先月の屋久島ネタですが、もうちょっと続けさせてもらいます。

今日ご紹介するのはハナヒゲウツボ。水深20m付近の所にいるのを発見。この子は体色の鮮やかさで広くダイバーの人気を獲得していますが、前回ご紹介したジョー君と同様、屋久島ではよく見かける子です。

が、私もこれまで屋久島で何度も見てきたにも関わらず、思い返すと一度も真面目に撮影したことがありません。というわけで、今回は真剣にじっくりハナヒゲウツボ君を撮影。

まずはじっくりと観察しながら近寄っていくと、ハナヒゲ君はこちらの存在に気付き、おもむろに口を大きく開けました。

さらにさらに近寄っていくと、体をクネクネさせながら大きく開いた口をこちらへ向けて威嚇します。

しかし口を大きく開けて体をくねらす仕草がなんともユニークといいますか、微笑ましいといいますか…。全然威嚇された気持ちになりません。むしろ声高らかに歌っているオペラ歌手みたい!!

そんな威嚇しまくっているハナヒゲウツボ君を前に、何を歌っているのか思わず聞き耳をたててしまった次第でした。

おしまい。


続きを読む »

ジョーだじょー・・・。

どうも、アカオビハナダイです。
今日から7月。早いもので2010年も後半戦に突入ですな。

先週後半から怒涛の飲み会ラッシュで内臓が少々疲れ気味な今日この頃。飲み会多すぎ…。 orz

さてさて、引き続き先日の屋久島ネタをご紹介。なんだかネタ的に少々古くなってきましたがまだまだ続きますよ〜。

今日ご紹介するのはカエルアマダイ。通称ジョーフィッシュ。なんだか和名よりも英名のほうが広く知られている子。

彼らは種子島や屋久島では春から初夏にかけての時期に良く見られます。この時期の風物詩というカンジでしょうか。

この時期卵を守っている姿をよく見かけるので、おそらく繁殖期で活動が活発になっているのでしょう。

しかし他の時期はあまり見かけないけど、いったいそれらの時期は何処に行っちゃうのでしょう??

で、先日の屋久島でもちらほら見かけました。体色は大体茶色ベースか黄色ベースの2タイプばかりでして、今回もその2タイプの子をそれぞれ確認。

1枚目の子は茶色いタイプ。少々臆病な子で、近づくとすぐに引っ込んじゃいます。なのでそろりそろりと気配を殺しながら近づいて1枚パチリ。

さらに別の場所で鮮やかな黄色のタイプの子を発見。この子は度胸が据わっているというか、近づいても引っ込む気配がありません。

それどころか私の目の前で穴から体を乗り出すようなしぐさも見せるくらい。そんなときは胸鰭でパタパタと穴の中に水流を送りこんだりしています。もしかして穴の中に卵があるのかな??

それにしても、どちらもつぶらな瞳がたまらなくカワイイですな。この時期限定と言わず、一年中会えたらいいのになあと思った次第でした。


続きを読む »

 | HOME | 

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約