鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

見事な擬態

引き続き屋久島でのセルフダイビングの時のおはなし。

チンアナゴの撮影を終えた後、水深10〜12m付近の砂地に移動。しげるさんからここら辺の砂地に沢山ヤツシハゼspがいるという話を聞いていたので、早速ヤツシハゼspの探索を開始。

しかしいくら探せどその姿は全く見られず…。どうやら時化の影響でみんな引っ込んじゃってる模様…。がっくし。 orz

何か他に面白い被写体はいないものかと探していると、視界の中で茶色い落ち葉がヒラヒラと揺れ動いています。落ち葉じゃんと思いつつ、よく見るとなんだか様子が変。

さらによくよく見ると…ツマジロオコゼではないですか!!う〜ん、あやうく見逃すとこだった…。それにしても見事なまでの擬態。

早速カメラを構えて撮影開始。しかし薄暗い状況で黒いボディにまぎれた黒い眼を認識するのはかなり難しく、しかもウネリのせいで大きく左右に揺れ動くもんだから、ピント合わせがメチャメチャ大変。

とにかくシャッター切りまくってなんとかピントが合ったのが今回の2枚。しかし画像を遠目で見てみるとほんとうに木の葉にしか見えません。そんな擬態にホントここまで見事に化けるなんてと、いたく感心してしまうのでありました。

続きを読む »

USO800

ようやく一週間も終盤戦。明日から待ちに待った週末です!!
さて、三島ツアーネタも放出し終わったので、今日から早速先週末の屋久島ネタをご紹介していきたいと思います。

先週、ガイドのしげるさんから屋久島西部の深場をアタックしませんかと誘われ、二つ返事で了承。しかしいざ週末になると、前線の影響で海は大時化。ガ〜ン!!しかも雨がシトシト振り続け、なんだかテンションも下降気味…。

宮之浦港でしげるさんにピックアップしてもらいながらさすがに西部は無理ですねえという話になり、結局北部のボートポイントを攻めることに。

しかしいざボートで沖に出るとこれがまたすごいウネリ…。さすがに私もちょっと波酔いしてしまったのか、潜ってみるとなんだか窒素酔いしたのか目の焦点が合いません…。しかもこれといった被写体も出ておらず…。

結局何も撮れずに1dive終了。orz しかもしげるさんも波酔いしたのか頭がイタイとかなりグロッキーな様子…。大丈夫だろうか??

その後とりあえずショップに戻り、お昼ご飯を食べながら休息。しかし一向にしげるさんの体調が復活する気配はなく、しげるさんから「申し訳ないですがもう1diveはいつものビーチポイントでセルフで潜っていただけないでしょうか。」との提案が…。まぢで〜!!ラッキー!!

実はこのいつものビーチポイント、いつかはセルフでじっくり潜ってみたいと思っていたところでして、しげるさんの提案はまさに願ったり叶ったり!!体調を崩したしげるさんには非常に申し訳ないのですが…。

で、ポイントに移動する前にしげるさんからポイントマップを見せてもらいながら簡単にブリーフィング。その時気になったのが、水深18m地点にいるというチンアナゴ。ガーデンイールと言ったほうがピンとくる人もいるでしょうか。

そういえばこれまで何度もチンアナゴを見ておきながら、写真に撮ったことは一度もなかったなあ。というわけで、まずはチンアナゴにロックオン!!

早速エントリーすると、浅場は時化でかなりニゴニゴ。ちょっと深く潜っていくと濁りはとれるものの、かなり薄暗いカンジ。

そんな中、水深18m付近に到着して周りを見回すと、ニョロニョロみたいな連中が砂底からウネウネと顔を出しています。おっ、いたいた。

早速写真を撮りつつ、液晶画面で画像をチェックすると、薄暗いはずの景色がやたら明るく写ってます。あれえ??その後絞りやシャッタースピードの設定を変えるも、映し出される画像はやけに明るいものばかり…。

もしやと思いつつ感度の設定をチェックすると、なんとISO800になってるではないですか!!そういえば、こないだ家でお酒を飲みながらカメラの設定を色々いじったような気が…。

その後お店に戻ってしげるさんから恐怖の画像検閲を受けたとき、「なんだか沖縄の海みたいになっちゃってますね。」とのお言葉が…。たしかに嘘くさい写真になっちゃったなあ…。

そんな嘘くさい写真を見ながら、これぞまさにISO800ならぬUSO800(嘘八百)だよなあなどと、しょうもないオヤジギャグをかましてしまうのでした…。

続きを読む »

食欲の秋ですな・・・

どうも、アカオビハナダイです。
最近は朝方の気温もかなり低くなり、まさに秋という感じになってきました。種子島でもとれたての安納芋(種子島特産のさつまいも)が出回るようになって来ました。この安納芋をふかしたものがまた絶品なんですよね!!う〜ん、気分はまさに食欲の秋!!

さて、これまでご紹介してきた10月の三島ツアーの写真もとりあえず本日で最後とさせていただきたいと思います。あしからず…。

深場から上がってきて、浅場をウロウロしながらなが〜い減圧タイムを過ごしていたときのこと。岩の割れ目になにやら人だかりが…。何だろうと思って覗いてみると、私に気付いた何人かが一斉に真っ赤なヒトデ(アカヒメジュズベリヒトデかな??)を指差します。

ヒトデ??と思いながらよく見ると、そこにはヒトデをかかえたフリソデエビがいるではありませんか!!おおっ、カワイイ!!早速行列に並んで順番待ち。自分の番が来るとそのお洒落な振袖姿をすかさず激写。

しかしこの子、腕に抱えたヒトデを絶対に放すまいと凄い形相でかぶりついています。ちなみに撮影中ヒトデを引っ張ってみたけれそ、かなり強い力で引っ張り返されました。すげぇ…。

ちなみに後から聞いた話なのですが、もともと岩の割れ目の中に複数のフリソデエビがいたそうです。そこで割れ目の前でヒトデをヒラヒラさせたら、この写真の子がかぶりついてきたそうな。そんなに腹が減ってたんかい…。

そんなエビの食欲をみて、やはり季節は食欲の秋なんだな〜などと感じてしまうのでした。
おしまい。



続きを読む »

三島ネタも終盤戦

こんばんは、アカオビハナダイです。

この週末は屋久島で潜ってきました。
海は前線のお陰で時化気味で、予定していたポイントは潜ることはできませんでしたが、色々な生物達と出会えてなかなか楽しいダイビングをすることができました。

今日は台風20号の強風域に入り、海は昨日よりもさらに大時化。お陰で高速船は朝1便から欠航でした。昨日の最終便で帰れてヨカッタ…。

さて、早速この週末撮った写真をご紹介したいところですが、あと少し三島ツアーのネタがあるので、もうちょっとだけ三島ツアーでのお話をしたいと思います。

今日ご紹介するのはハダカコケギンポ(今のところは…)。前回ご紹介したヒナギンポ同様浅場の岩の隙間やフジツボの空き部屋などで結構見かけ、減圧時の良い被写体となってくれました。

ちなみに「ハダカコケギンポ(今のところは…)」という表現をしたのは、この子がハダカコケギンポなのか別種なのかもうちょっと精査が必要ということなのです。

この海域には間違いなくハダカコケギンポと言えるタイプの子もいるのですが、お師匠のD氏曰く今回写真でご紹介した子はちょっと背鰭の模様が違うとのこと。残念ながら今回の写真では背鰭は全く写っておりませんが…。

今回ご紹介したハダカコケギンポのみならず、この三島海域には未記載種・不明種が沢山いるとのこと。今後D氏による三島海域の調査が進めば、様々な分類学的・生態学的新発見が出てくることでしょう。今後の調査結果に大きな期待をしたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。

続きを読む »

ルピート君よ・・・

ちょっくら仕事の関係で隣の島へ行ってきました。
すると仕事先で、いつも屋久島でお世話になっているガイドのしげるさんとばったり遭遇。今度の週末よろしくお願いしますとご挨拶。ということで明日・明後日は屋久島でダイビング。

しかし気付くとフィリピン付近でだらだら迷走していた台風20号(ルピート君)がなんだか上に上がってくる気配…。おかげでこの週末は海況がちょっくら荒れ模様。ルピート君、君はいったい何処へ向かうつもりなんだい??
この週末はどうなることやら…。

さて、もうちょっと三島ツアーのお話を。
浅場でDECOを消しつつのんびり散策している時のこと。岩にへばりついたフジツボの空き部屋からなんだか視線がチラホラと…。よくよく見ると、あちこちにヒナギンポがいます。カワイイ〜!!

実は私、ギンポ・カエルウオ系が大好きだったりします。彼らの魅力はなんといっても表情が豊かなこと!!そこら辺の人間よりもよっぽど色々な表情を見せてくれます。ニコッと笑ったような顔をしたかと思えば、物思いに耽るような表情を見せたり、ツンとすましたような顔をしたり…。

つぶらな瞳で色々な表情を見せてくれる彼らはまるで純粋無垢な子供のよう。なんだか見てるだけで癒される…。そんな彼らの表情を激写しまくっているとあっという間にDECO終了。さらにエアーがなくなるまでじっくり観察。カワイイ奴よのう。

そして迎えたエア切れの瞬間。まるでカワイイわが子と別れるかのように、泣く泣くサヨウナラ…。またそのうち君達に会いにくるからね…。

続きを読む »

 | HOME |  »

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約