鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

サンゴの奥で

話は屋久島に戻ります。

浅場を移動していたときのこと。ガイドのしげるさんがハナヤサイサンゴを指差します。なんだろうと思ってサンゴを覗き込んでみると、そこにはパンダダルマハゼのペアが!!お〜っ、カワイイ!!

しかしこのパンダ君、昨年奄美大島で遭遇した時にサンゴの奥を逃げ回られて、まともな写真が1枚も撮れなかったという苦い経験があります。撮れるかなあ?

しかしこの子達の動きを見ていると、それほど大きく逃げ回りません。おっ、チャンスかも。後でしげるさんから聞いたところ、このペアは卵保護中とのこと。だからあまり動き回らなかったのね。

そんなパンダ君をファインダーで追尾し、動きが止まったところをすかさずパチリ。それが今回の1枚目。なんとか目にピントがきたものの、やっぱり顔だけというのはちょっと寂しいカンジ。

なんとか全身を写せないかと体勢を変えて試行錯誤し、ようやくその全身が見える角度を発見。すかさず1枚パチリ。それが今回の2枚目。やった〜撮ったど〜と思い、すかさず液晶画面で画像をチェックすると、思いっきり目がピンボケじゃありませんか…。がっくし。

気を取り直し、再度チャレンジ。体勢を変えつつパンダ君の全身を捉えられる場所を探し出し、今度は慎重にピント合わせをして1枚パチリ。それが今回の3枚目。液晶画面で確認すると、そこにはなんともかわいらしいパンダダルマハゼの全身が写っていたのでした。

続きを読む »

禁断の宝石出現!!

私の知人で日々錦江湾を潜り、色々な魚達を観察してブログにアップされている方がいます。その方のブログに、一昨日ついに禁断の宝石が出現したと書き込まれていました!!その宝石の名は「クロユリハゼ科の1種-2」!!…って、まだ名前が無かったりして…。

ハゼに興味のある方なら矢野御大の「日本のハゼ」図鑑をお持ちかと思いますが、その最後を飾るのがこのクロユリハゼ科の1種-2。通称ピンク2(ピンクダートゴビー2の略)。錦江湾で発見され、その後伊豆や奄美でも見つかったという情報を聞いています。

本場錦江湾では夏の時期になると桜島のとある一帯の水深50m前後にこの子達が群泳している姿がみられます。私もその幻想的で美しい姿をカメラに収めようと、昨年の夏は毎週のようにその深場ポイントを攻めました。

しかし、その生息水深の深さから、毎回とんでもないdecoタイムを出しまくり、そのたびにかなり冷や汗を書きまくっておりました。それでも次の週にはその中毒性の美しさに惹かれるように深場を攻めておりました。その姿はまさに深場に光輝く禁断の宝石のようです。

今回ご紹介するするのが昨年撮ったその禁断の宝石の姿です。かなり美しいでしょ!!う〜、錦江湾に行きたくなってきた〜!!

ホームシックになるアカオビハナダイなのでした…。

続きを読む »

もはや普通種

種子島に来てから熊毛海域を潜るようになり、これまで激レアアイドル種だったものが、普通種に成り下がってしまった魚がいます。それが今回ご紹介するジョーフィッシュ。

鹿児島本土にいた時は坊津でごくたまに見かけるくらいで、一度見かけたら写真が撮れるまでずっと張り付いていたものです。それで結局数diveを無駄に過ごしてしまったり…。

しかしこの熊毛海域では1diveで何尾も見かけてしまいます。なんだかありがたみが無くなってしまいました。まあでも、かわいいのには変わりないんですけどね〜。で、今回もそんなジョー君達を撮影したのでご紹介したいと思います。

今回の3枚の写真を見ていただければ分かるかと思いますが、体色がオレンジ色と茶色の個体があります。別種なのかな〜と思っていたのですが、しげるさん曰くオレンジ色がメスで茶色がオスとのこと。

このジョー君、時々ネットや雑誌で口に卵を咥えた写真を見かけるので、いつかはその光景を見てみたいと考えていました。で、ようやく念願が叶ったのが今回の3枚目。卵咥えているのが分かりますか?分かりづらいですよねえ…。もうちょっと顔を出してくれると良かったのですが…。

で、これまで私はジョーフィッシュは口内保育をするものなんだと勘違いしておりました。しげるさん曰く、オスが巣穴で卵保護をしていて、危険を察知すると卵を口に咥えて逃げ出そうとするんだとか。

卵保護はこれからの時期が本番とのことなので、オスが卵を咥えたショットをこれからじっくり狙っていきたいと思います。

続きを読む »

見慣れた普通種なんですが・・・

先週は会議続きでしばらく鹿児島に滞在しておりました。
昼は複数の会議に追われ、夜は懇親会で肝臓を痛めつけ、疲労困憊の状態で種子島に帰島。もう若くないので無理のきかない体になってきました。ふう。

で、この週末はストレス発散のために再びお隣の屋久島へ行ってきました。お世話になったのはもちろん前回と同じしげるさんのお店。今日からしばらくはその時の屋久島ネタをご紹介していきたいと思います。

前回屋久島に来たとき、しげるさんから魚の分類について色々お話を聞かせていただいたのですが、その時一番記憶に残ったのがキンセンイシモチと呼ばれているものも実は二種類存在するとのこと。

なんでも生息場所(深度)が若干違うため、なかなか見比べることができずにこれまで同一種として扱われてきたけれど、実際写真を見比べると全然違うとのこと。早速そのキンセンイシモチを見たいと思ったのですが、前回は大時化のため、その願いをかなえることはできませんでした。

で、今回水深20m位でフィッシュウォッチングをしていたときのこと。しげるさんがキンセンイシモチを指差し、スレートに「これが深場型」とカキコ。あわててカメラをキンセンイシモチに合わせて撮影。その時の写真が今回の一枚目。

その後水深10mくらいの場所を移動していたとき、しげるさんが再びキンセンイシモチを指差し、スレートに「これが浅場型」とカキコ。そこで撮影したのが今回の2枚目と3枚目。しかし撮影してみても素人目には「深場型」と「浅場型」の違いが分かりません。どこが違うんだろう?

夕方ショップに戻ってきてから、早速しげるさんと撮影画像をチェック。この2種の違いを教えていただきました。まずは1枚目の子と2枚目の子のボディを白いラインが複数本走っていますが、その一番下のラインを注目してください。

1枚目ではラインというよりドット状になっていますが、2枚目の子では比較的きれいなライン状になっています。この特徴から、深場のタイプは「ドット型」,浅場のタイプは「ライン型」と呼ばれているそうです。

それともうひとつ特徴的な違いなのですが、「ドット型」の尾びれの中央には褐色帯が走っていますが、「ライン型」にはこの褐色帯が走っていません。1枚目の子と3枚目の子の尾びれを比較していただければ分かるかと思います。

このライン型とドット型なのですが、別種であるという論文は出ているものの、まだ学名や標準和名がどうなるかは決まっていないようです。ただ面白いことに、台湾の魚類図鑑では別種扱いされているうえにそれぞれに別の台湾名が付いておりました。そのためにしげるさんも読めない字の図鑑を買ったそうで、その熱意に脱帽したしだいでした。

続きを読む »

ようやく

種子島へ転勤してきて早1ヶ月半が過ぎました。

目の前には透明度の高い美しい海が広がっているにもかかわらず、これまで仕事でバタバタしていたりして、なかなか種子島の海を潜ることができませんでした。まるでヘビの生殺し状態。

しかし仕事も最近落ち着きを見せ、この週末ようやく種子島の海を潜ることができました。ショップはアパートの近所のところに飛び込みでお願いしたのですが、オーナーさんの人柄はとても良く、気さくで明るい方でかなり安心しました。

ただ、ダイビングスタイルについては王道なカンジで潜水時間も50分程度とかなり短く(いや、これが普通なんでしょうが)、今回はなかなか写真を撮ることができませんでした。

しかし、水中はかなり面白そうなカンジを受けました。ハゼ系で言うと、鹿児島本土ではダテハゼが最も多く見られたのに対し、今回はクビアカハゼが最も多くみられました。

あと、鹿児島本土では見ることのできなかったヤマブキハゼも結構見ることができました。ヤマブキハゼは今まで硫黄島や奄美大島で見かけたことはありましたが、今までまともな写真を撮ったことがなかったので、次回じっくりねらってみたいと思います。

それから気になるところでは、じっくり観察できなかったのですがダテハゼ属の1-3やタカノハハゼ、それとオイランハゼの幼魚か?と思われる個体も見かけました。すぐ引っ込まれたのでじっくり観察できなかったので、あるいはタカノハハゼと見間違えたのかもしれませんが…。

今回まともな写真はほとんど撮影できませんでしたが、とりあえず比較的まともに撮影できた写真をご紹介します。

まず1枚目は体色が鮮やかな黄色のちびジョー君。ダイビング中、この子も含め複数のジョーフィッシュを見ることができました。オーナーさん曰く、種子島ではジョーフィッシュは簡単に見ることができるとのこと。そのうち口の中に卵を咥えたシーンとか見てみたいなあ。

続いてはウミウシカクレエビon the ジャノメナマコ。オーナーさんがジャノメナマコを見つけて手招きするので、もしやと思ったら案の定そこにはウミウシカクレエビが乗っておりました。ジャノメナマコはウミウシが好む宿主なんでしょうかねえ。

今回お世話になったショップはタンクレンタルもオーケーとのことで、オーナーさんも「これからタンクレンタルでガンガン潜ってみると良いですよ。」と言ってくださったので、これからガンガン潜って種子島の海をガンガンご紹介していきたいと思います。

ちなみに明日からしばらく出張で種子島を離れます。そのため更新をしばらくお休みさせていただきます。あしからず。

とりあえず今回はこの辺で。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

続きを読む »

 | HOME |  »

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約