鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

困ったことが起きました・・・。orz

どうも、アカオビハナダイです。

いや〜、困ったことが起きてしまいました…。突然のことですが、私が利用している当ブログのサービスが今年の12月17日をもって終了すると運営会社よりアナウンスがありました。orz

もともと無料で利用させてもらっていたし、特に宣伝等で活用するでもなくあくまで個人的なダイビングの記録を主に自分のために残しているだけなので、特に損害があるわけでもないのですが、やはり4年半利用して使い慣れたブログのシステムが利用できなくなるのはショックです。orz

それより心配なのがこれまで4年半書き溜めてきた記録がサービス終了によって完全に消えてしまうのかどうかということ。せめてweb上で今後も閲覧できれば良いのですが…。

過去の記事も文章に関しては一旦パソコンにエクスポートし、他のサイトでインポートしてブログを新たに開設することも可能なようですが、画像はできないみたいです。水中写真がメインのブログで文章だけ移設してもねえ…。

取り急ぎまずは新しいブログの開設先を探そうかな…。これまでの記録についてはサービスが終了するまでの間に対応を考えなくちゃ…。

さて、気を取り直して今日も最近佐多で撮影したネタをご紹介したいと思います。

エントリーしてすぐの浅場の砂地を進んでいたときのこと。視界の片隅で何か動いたような気がしました。その場所をぱっと見ると、そこには一見何もいないように見えます。そのときの画像が今回の1枚目。しかし何か違和感が…。

そしてよくよくその場所をじっくり見てみると、そこにはセイテンビラメが!!

なんとまあ、見事な擬態といいますか、うまく砂地に溶け込んでいます。ちなみに1枚目の画像にはセイテンビラメの全身が写っているのがわかりますか??

ちなみに2枚目の画像はセイテンビラメの顔をアップで撮影したもの。さすがにこちらは顔が確認できますよね??

それにしてもうまく砂地に擬態したもんだと強く感心した次第でした。

とりあえず今日はこの辺で…といつもどおり〆たいところですが、冒頭でも書いたとおり、当ブログがは今年の12月17日で利用サービスが終了となります。

そのため、当ブログの更新をちょっとの間お休みし、新たにブログを開設するかどうか対応を検討したいと思います。対応が決まり次第、またこのブログでお知らせします。

極力早めに対応を決めたいと思いますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

それではしばしの間、ごきげんよう!!


続きを読む »

秋を感じる

どうも、アカオビハナダイです。

ここ最近、鹿児島は秋晴れの良い天気が続いています。台風20号は明日関東地方に接近しそうですが、鹿児島地方には全く影響はなさそう。

…と思っていたのですが、所用で大隅半島の太平洋側(先日イプシロンが打ちあがった肝付町)に赴いたところ、良い天気で風もほとんど吹いていないというのに、巨大なうねりが止め処なく押し寄せ、海は大時化の状態でした。

とある小さな漁港ではうねりが堆く築かれた大きな防波堤を次々と越波し、大量の海水が港の奥まで流れ込んできて、その大迫力に肝を冷やしてしまいました。台風は遥か東の彼方にあるというのに…。台風の猛威を改めて実感…。

明日太平洋側の海近くに出かける方々はくれぐれもご注意くださいませ。

さて、今日からは最近佐多で撮りためたネタをご紹介したいと思います。まず今回、最初にご紹介するのはニシキフウライウオ。

水深20m弱の枯死しかかったムチカラマツに、ニシキフウライウオが一匹寄り添っているのを発見。お腹(育児嚢)を良く見るとどうやら抱卵中の模様。

ニシキフウライウオはこれまで坊津や桜島など、県内各地で何度か見かけていますが、いずれもその場にずっと定着するのではなく短い期間だけフラッと出現してはまたフラッと姿を消してしまいます。

私自身の過去の鹿児島本土での確認記録では、だいたい秋に出現することが多いです。だから個人的にはニシキフウライウオは秋を感じさせる魚だったりします。

ただ、全国各地での観察記録をネットで見ると、特に秋に限って出現するということはないようで、春先などでも確認されている様子。

たまたま私がニシキフウライウオを秋によく見かけるということでしょうか。そんなニシキフウライウオをボーッと眺めながら、いよいよ海の中にも秋が到来してきたのかなあと感じた次第でした。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

続きを読む »

もう一方もご紹介。

どうも、アカオビハナダイです。

お盆に突入すると、そろそろ平野部にもヒグラシが鳴き始め、朝夕は涼しい風が吹くようになってそろそろ夏も終盤かなあなどといつもならば思うはずなんですが…。

高知県では連日40℃超の気温を記録して話題となっていますが、私の住んでいる街でも連日最高気温が35℃を超えています。なんとかならないもんですかね、この暑さ…。

しかも各地のダイビングサービスのブログを見ていると、水温が浅場で30℃になったりと水中の環境まで異常な状態になっているようです。これからサンゴの白化とか悪影響が出てくるんでしょうか??あまり影響が出ないうちに水温も例年並みに戻ってほしいところです。

さて、今回も先月中旬に佐多で撮影したネタをご紹介。

前回の記事でキンセンイシモチのライン型とドット型がそれぞれキンセンイシモチとスジオテンジクダイの2種に分かれた話をし、スジオテンジクダイの卵保護の画像をご紹介したところでした。

で、スジオテンジクダイの卵保護の画像をご紹介したとなると、やはり次はキンセンイシモチの卵保護の画像をご紹介せねばと思うわけでして…。

で、スジオテンジクダイの卵保護個体を探している際に、当然のごとくキンセンイシモチの卵保護個体の撮影もしていたので、今回はその画像をご紹介。

このキンセンイシモチの卵保護個体、1本目の減圧停止中にあっさり見つかったうえに、愛想よく口もパクパク開いてくれました。おかげで卵を咥えている画像もすんなりゲット!!

まずは1枚目。口を開いた瞬間を全身も確認しやすいアングルで撮影。前回の記事の子と見比べてもらえれば分かり易いのですが、体を走る一番下の白線が綺麗なライン状になっているのが分かります。これがもともとキンセンイシモチ・ライン型と言われ、今回の日本産魚類検索図説第3版でもキンセンイシモチとされたタイプの特徴になります。

で、2枚目は正面顔。なかなか愛嬌のある顔ですが、やはり目と卵の両方にピントを合わせるのは被写界深度的に無理がありました。まあ、これはこれで面白い画像かと。

3枚目は目にもピントを合わせつつ、卵にもピントがくるように撮影してみました。1枚目と比べると口の開き方が小さいですが、卵はくっきり確認できます。

やはり綺麗なテンジクダイは口内保育も絵になりますね〜。ハッチアウトの瞬間を見てみたいところですが、やはりナイトダイブが許される環境じゃないと難しいですよね…。

いつかどこかでハッチアウトも見たいなあ…。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

旬のテンジクダイ

どうも、アカオビハナダイです。

ここ3日間ほど鹿児島地方は久々の雨がちで過ごしやすい天気となっていましたが、またまた明日から最高気温が35℃前後の猛暑な日々が続きそうです。

いくら夏が暑いとはいえ、ここまで暑いとは…。

さて、今回からは先月中旬に佐多で撮影した画像をご紹介していきたい思います。佐多でもこの時期は繁殖行動が盛んに見られ、前回の錦江湾に引き続き繁殖ネタを狙って撮影したので、まずはそれらの画像をご紹介したいと思います。

この時期はこれまでご紹介したとおりスズメダイ類の繁殖行動が盛んに見られましたが、スズメダイ類に負けず劣らず繁殖行動が盛んなのがテンジクダイ類。

今年はどうしても口内保育シーンを撮影したいテンジクダイがいました。それは今年2月の日本魚類検索図説第3版の発行時に大きな話題のひとつとなったスジオテンジクダイ。

このスジオテンジクダイ、もともとはキンセンイシモチとされていました。しかしキンセンイシモチには2タイプいることが知られており、このブログでもかなり以前にキンセンイシモチの2タイプについて話をしたことがあります。(しかしいつの記事だったか、見つけることができませんでした…。m(_ _)m)

簡単にその2タイプの特徴を説明すると、体を縦に走る白線の一番下のラインが綺麗なライン状になっているのをライン型、ドット状になっているのをドット型と区別していました。

そして今年2月に発行された日本産魚類検索図説第3版で、ライン型がこれまでどおりキンセンイシモチ、ドット型が新たにスジオテンジクダイと和名提唱され、別々の種として掲載されました。

そんな旬なテンジクダイの繁殖行動は是非とも撮影しておきたいところでして、口内保育をしている個体を探しまくり。そして2本目の最後の減圧停止中、執念でようやく口内保育している子を発見!!

まずは1枚目、全体像をカッチリ押さえようと撮影。一番したの白線がドット状になっているのが確認できます。

そしてやはり口の中の卵を撮影しようと粘ったのですが、なかなか口を思うように開いてくれません。結局エアが切れそうになるまで粘って撮影した画像で一番まともだったのが今回の2枚目。

何とか口の卵が確認できる画像を撮影できましたが、もうちょっと口を大きく開いて欲しかったかな〜。それでもまあ、なんとか許容範囲内といったところでしょうか。

来年もまたしつこく狙ってみたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

ついで扱いしてスミマセン…。

どうも、アカオビハナダイです。

今週に入ってからとうとう奄美地方が梅雨明け。鹿児島本土は梅雨明けはもうちょっと先なのかな〜と思っていたけれど、週間天気予報を見てみると、これから先は晴れ間の覗く日が続きそうです。

もしかしたら鹿児島本土の梅雨明けも近いですかね?そうなるともう完全に夏本番ですね〜。

さて、そんな夏本番間近のなか、今日も一ヶ月以上前の佐多でのネタをご紹介していきたいと思います。

前回、前々回と同じオドリカラマツに群れるノコギリハギygとモンツキベラygをご紹介したわけですが、このオドリカラマツにはもともとアイドル扱いされてもおかしくない子が鎮座しております。

それはクダゴンベ。

通常クダゴンベは一般的なダイバーからはアイドル扱いされるわけですが、季節を問わずいつでも同じ場所にいると思うと個人的にはなかなか興味を引かれないんですよねえ…。

逆にノコギリハギygやモンツキベラygのように季節モノが出現すると思わず目を向けてしまうわけでして…。

とりあえず同じオドリカラマツにべったり張り付いておきながらクダゴンベを無視しつづけているとなんとなく罪悪感を感じてしまうので、とりあえず「ついで」というカンジでクダゴンベを撮影してみました。

それが今回の1枚。う〜ん、とりあえず撮ってみたという「ついで」感満載の画像になってしまいました…。もうちょっと真剣に撮影しないとダメですね…。

う〜ん、せっかくのカワイイ被写体なんだから、もうちょっと真剣にいろんなカンジで撮影しないと失礼ですね…。クダゴンベさん、「ついで」扱いしてしまって申し訳アリマセンでした。m(_ _)m

そのうち気が向くことがあればもっと真剣に撮影したいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。




続きを読む »

 | HOME |  »

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約