鹿児島の海と共に

鹿児島をフィールドに潜り込んでいるダイバー「アカオビハナダイ」のブログです。鹿児島の海をご覧あれ!!

満たされない欲求

どうも、アカオビハナダイです。

ここ最近ずっと台風21号の動向が気になっていたのですが、今週末は特に何の影響もなさそうでホッと一安心。とりあえずガッツリ潜っちゃうぞ〜!!

さて、今日も先月末の奄美での撮影ネタをご紹介。今回ご紹介するのは、最終日にタイドプールで撮影したイレズミハゼ。

実はこのイレズミハゼ、昔からずっと撮影したかった子なのですが、これまでなかなか撮影できませんでした。昨年も奄美に行った際に探し回ったのですが、結局出会うことができませんでした。

そんな訳で、今回もタイドプールにて血眼になって捜索。その甲斐あってか、終盤になってようやく穴の入口にひょっこり出ていたイレズミハゼに遭遇!!しかもペア!!

大興奮の状態で素早くカメラを構えるも、一匹は撮影する前に穴の中へ・・・。仕方なく残った一匹を撮影するも、数枚撮ったところで引っ込んでしまいました・・・。愛想悪いなあ・・・。

最初はせめて網膜にその姿を焼き付けられればと思っていたのですが、いざ出会うとヒレ全開のペアショットを撮影できなければ気が済まなくなるわけでして・・・。欲が深いなあ・・・。

そんなわけで、今後もイレズミハゼをしつこく狙っていきたいと思います。

ちなみに先月の奄美ネタは今回で最後。本当はもっと沢山の素晴らしいシーンをガイドのa-kさんにご紹介していただいたのですが、残念ながら私の撮影スキルが未熟でして・・・。

ともかくa-kさんには感謝感謝。また今後も奄美の素晴らしい海をa-kさんにガイドしてもらいたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

愛しのデコ助ちゃん

どうも、アカオビハナダイです。

今更ながらに気づいたのですが、先月末にいつの間にかニコンからD600が発売開始されていましたね・・・。

フルサイズ機でD800と比較すると2400万画素と若干スペックダウンしています(とはいえ必要十分すぎるくらい)が、コンパクトボディで使い勝手が良さそうなカンジ。

どうやらAPS-Cサイズ機からの乗り換えを検討しているユーザー層をターゲットにしている模様。世の中はフルサイズ機がメインになりつつあるようですね。

しかし個人的にはマクロ撮影についてはAPS-Cサイズ機のほうが有利だし、ワイド撮影についてもAPS-Cサイズ機用のトキナーのズームフィッシュアイレンズが気になっているので、ハイエンドのAPS-Cサイズ機の登場に期待したいところです。

しかし以前はデジタル1眼レフの新機種が発表されるたびに気になってしょうがなかったのですが、個人的には画素数は1000万画素を超えた時点で満足で、D80でマクロ撮影に対しては特に不満もなく、D90に至ってはワイド撮影でも不満は無くなってしまいました。

まあ、最大の問題は「お金がない」ということなのですが、もうしばらくは私の愛機達にも頑張ってもらう予定です。

さて、今回も先日奄美で撮影したちょっと気になるネタをご紹介していきたいと思います。今日ご紹介するのはヤリカタギの幼魚。

アワイロコバンハゼのペアが怪しい行動をしている周辺を、体長1〜2cm程度のヤリカタギの幼魚が二匹ずっとウロウロしておりました。

このサイズのヤリカタギはおでこの辺りが絶妙なカーブを描いていて、反則的なまでにキュートだったりします!!私もアワイロコバンハゼのペアを撮影しつつもこの幼魚達がきになって仕方ありませんでした。

で、スキをついてこのデコ助ちゃん達を撮影したのですが、これがなかなかムツカシイ・・・。何が難しいかというと、目がちょうど黒い帯の中にあるために見えづらくてピントを合わせづらいのです・・・。

おかげさまでピンぼけ画像を量産してしまいましたが、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるもので、何枚かはキュートな画像をゲットすることができました。

いや〜、それにしてもカワイイですね〜。ヤリカタギだけではなく、いずれはチョウチョウウオ類の幼魚達を制覇したいなと思った次第でした。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。




続きを読む »

卵守りネタ追加!!

どうも、アカオビハナダイです。

この3連休は天気もよくダイビング日和となりそうです。私も錦江湾に佐多にと鹿児島本土の海を潜り倒す予定です。

さて、今日も引き続き奄美で見た「おっ!!」なネタ。今日ご紹介するのはヒカリイシモチSPの卵保護。そういえばこれも卵守りネタでありました。

もともとボディがスケルトン気味なせいか、口の中の熟れ熟れの卵が透けてみえています。ハッチアウトも近いのかな?

ちなみにこのヒカリイシモチSP、標準和名はまだついていないみたいですが、今年の4月末に正式に記載されてSiphamia senouiと学名が付けられたそうです。

種名のsenouiは、やはり瀬能先生にあやかって献名されたとか。

それにしてもこの子も枝サンゴの奥にいたために60mmマクロレンズではなかなか思うように顔アップの画像を撮影することができませんでした。

今回はなんだかレンズに悩まされるシチュエーションが多かったような気がします。次回は105mmマクロで顔アップを狙おうかな〜。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。


続きを読む »

愛想良いんだか悪いんだか・・・。

どうも、アカオビハナダイです。

気がつけば10月に突入。陸上は過ごしやすい気温となり、海もこれからどんどん透明度も高くなってきてまさにダイビングに適したシーズンとなってきました。

さて、今日も引き続き先月の奄美ネタをご紹介していきたいと思います。これまでご紹介した卵保護ネタは前回でとりあえず終了。今回からは奄美で見かけた「おっ!!」なネタを放出していきたいと思います。

今日ご紹介するのはハスジマハゼ。私は今回初めて見た子。ガイドのa-kさんに最近見つけたと教えられ、泥場のポイントで見せてもらいました。

せっかくならば真横からのヒレ全開ショットをとってやろうと、ひたすら息を殺してその瞬間を狙いました。・・・が、結局鰭を開くことなくタイムアウト<撮影できたのは見事なまでのヒレ全閉ショット・・・。

結構寄れたことは寄れたんですが、愛想良いんだか悪いんだか・・・。

このハスジマハゼ、生息環境は超浅場でいくらでも無減圧潜水ができる(粘れる)ようなところにいるのですが、「日本のハゼ」図鑑の掲載写真を見てもヒレはなんとか開いているというカンジ。

ハゼの神様をもってしてもヒレ全開ショットといかないのだから、よっぽどのことがない限り鰭を広げてくれないんでしょうね(と言い訳してみたり)・・・。

機会があれば、またいずれヒレ全開ショットにチャレンジしてみたいと思います。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。

続きを読む »

そこで何してるの?

どうも、アカオビハナダイです。

事前の天気予報で今日は一日台風の影響を受けるだろうと思っておりましたが、今朝起きてみてビックリ!!台風は早朝までに通り過ぎていったようで、朝から秋晴れの天気となりました。

今日は県内各地の小学校で運動会が予定されていたようですが、近所の学校でも無事運動会が開催されたようでした。

で、私はというと、昨日冷たい風雨の中ダイビングに行っていたのが災いし、体調不良で一日中ずっと家で寝込んでおりました・・・。天気の良い休日に一日中家で過ごすハメになるとは・・・。orz

さて、今日も先日奄美大島で撮影したネタをご紹介します。今回のネタは卵守りなのかどうなのかよく分からないアワイロコバンハゼのシーン・・・。

ガイドのa-kさんにサンゴの奥にいるペアを紹介してもらい、二日続けて観察してみたのですが、二日間ともずっとサンゴの奥の死角になったスペースでペアがゴソゴソしていました。

卵を産んでいるのか、卵保護しているのかと気になってあらゆる角度で覗き込んではみたのですが、卵らしきものは見えずじまい。

時々ヤリカタギの幼魚が近づいてくると威嚇して追い払ったりしているので、そこのは何かがあるんだろうとは思いますが・・・。

君たちは一体そこで何しているの〜??

気になって気になってどうしようもない挙動不審なペアなのでした。

とりあえず今日はこの辺で。ではでは。





続きを読む »

 | HOME |  »

最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


プロフィール

アカオビハナダイ

Author:アカオビハナダイ
鹿児島で生まれ育ち、鹿児島の海を潜り込んでいるダイバーです。鹿児島の海の素晴らしさを伝えられたらと考えています。


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約